奈良日帰り日記 ~その1 足早に世界遺産巡り~

f0001378_14163864.jpg

昨日はYちゃんとS姉さんに誘われて、奈良に行ってきました!
前日開通したばかりの「阪神なんば線」。S姉さんが買ってくれた1日記念乗車券(乗り降り自由で1000円)を使って、近鉄奈良まで直通で~。およそ半額の運賃で済みました。
車窓からは平城京跡も見えました。公園になってるようです。

キモ可愛いとすっかり全国区人気となった(?)「せんとくん」がお出迎え。
f0001378_1416558.jpg

朝9時半過ぎに三宮から乗っておよそ80分後、近鉄奈良に到着。
止まる駅や途中の通過列車待ちが、かなり多かった。
特急は直通じゃないのね・・・。快速急行が一番便利な直通電車のようです。

お天気が良くて、あったかくて行楽には最高の一日♪
すっかりお腹が空いたので、お昼を調達。外でピクニック気分を味わうのも、気持ちが良いですね。
(食べ物ついては後ほど)

買い物しつつ商店街を抜けて、猿沢池から興福寺へ。
亀たちもこぞってひなたぼっこ? というか甲羅干しの姿・・・。ちょっと怖い(笑)
f0001378_14283818.jpg



f0001378_14291181.jpg


家族旅行をした時にも訪れた興福寺。
あの時は仕事で私だけ日帰りだったような気もします(涙) 数年前のお正月明けすぐだったっけ。
f0001378_14325696.jpg



f0001378_143331100.jpg

以前より外国人観光客が目立つ気がしました。
奈良公園でピクニックをする家族連れもたくさんいます。
奈良にしてはいつもより人出が多いのは、やっぱりなんば線のお陰?
でも京都の殺人的混み様とは無縁の、のどかな奈良は健在でほっとします。
京都よりも歴史がある古都でありながら、たぶんいにしえから変わらないのんびりした美しさ、大らかさが好きだな~。

この季節の鹿はおとなしいんですね。角きりしたばかりだから?
子供にどんなに撫で回されても、逃げないし怒らない。
界隈のどこに行ってもいる鹿はどこでも人気者でした。
f0001378_153545.jpg



f0001378_1542256.jpg


登大路の真ん中に立ってるこの木・・・。
f0001378_1418257.jpg

なんとなく鹿に見えませんか?(笑)
大きな角も2本生えてる~。
f0001378_14182313.jpg


f0001378_1436228.jpg

小学校の修学旅行で初めて訪れた東大寺!
f0001378_14534027.jpg

盧舎那仏像のお姿を拝まず、大仏殿の内部までは行きませんでしたが、やっぱり大きいな~。
(どちらも国宝です)
南大門も色がかなり褪せてるとはいえ、圧巻。
その柱の左右には迫力ある金剛力士立像。阿吽、というあれです。
どちらも運慶が製作総指揮をとったといわれている有名な像。
南大門とともに国宝に指定されています。
大仏殿の前に建つ中門。
長い回廊も、横から見るとうねっています。美しい回廊ですね。
この門の柱には、毘沙門天と多聞天の像があります。
f0001378_14544822.jpgf0001378_14541317.jpgf0001378_1455781.jpg




f0001378_14584670.jpg



f0001378_1459149.jpgf0001378_14575213.jpgf0001378_14594451.jpg



駆け足で東大寺を回った後は、春日大社へ。
f0001378_1502895.jpg

ここも周囲の原生林とともに世界遺産に登録されています。
f0001378_1505286.jpg


f0001378_1517659.jpg


途中、奈良公園でお昼ごはんを食べてからここまで、結構歩きました。
春日大社までの長く緩やかな上り坂。
マイナスイオンを鹿とともにあびながらも、疲れました・・・。
春日大社から旧志賀直哉邸まで、「ささやきの小径」を通り損ねながらも、林の中をてくてく歩きました。
かなり急いだ世界遺産めぐりでしたが、久しぶりに気持ちの良い散歩になりました。

f0001378_1513426.jpg



奈良には法隆寺周辺、紀伊山地の神社のほか、この市内中心の主だった寺院が世界遺産に登録されています。
今回は東大寺、興福寺、春日大社、平城宮跡(車窓からだけど)を回ってきました。
まあ、お寺巡りが目的ではなかったけど、結構充実してますね。
元興寺は近くを通りながらも行かなかったし、唐招提寺は以前襖絵の特別公開の際に行きました。
奈良公園内の国立博物館では、近々「鑑真和上」展が開催されるようです。
[PR]
by gogolotta | 2009-03-22 14:14 | 旅行記 | Comments(0)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る