潅仏会、花よりもなほ

風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん



夙川の桜を見た翌日は、潅仏会。通勤途中にある立派な桜を撮ってみました。朝の桜も清々しいです。
名もない木も、美しく咲き誇っているのが何となく嬉しくなります。

f0001378_21345938.jpgf0001378_21342943.jpg


f0001378_21353088.jpgf0001378_21355543.jpg


f0001378_21363868.jpgf0001378_21365798.jpg


花海棠。
私はこの花が好きです。桜とはまた違う綺麗なピンクで、可憐な花。

f0001378_21384990.jpg


散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世になにか 久しかるべき



うちの最寄り駅にある枝垂桜も、紫がかった濃い色が素敵♪

f0001378_21431131.jpgf0001378_21432917.jpg


f0001378_2143496.jpgf0001378_2144158.jpg


f0001378_21443068.jpgf0001378_21453533.jpg


その日の帰り道、おじいちゃんと孫、という家族連れを見かけました。
おじいちゃんとお兄ちゃんに手をひかれる女の子が、とっても可愛らしくて、ささくれだった気持ちも和みました。
私もお兄ちゃんが欲しかったな~。そう思ってたことを思い出しましたよ。
今週末がお花見の最後のチャンスとなるでしょう。
ここ数日、神戸は春を通り越して初夏の陽気です。夜桜見物にももってこいの気候となりましたね。
昔はよく三井寺の夜桜を観に行きましたが、毎回寒くて震えていた記憶があります(笑)
縁側に座って、はらはらと散る庭の桜を厭きずに眺める、というのが理想のお花見なんですけどね(^^)

f0001378_21393149.jpg



夕ざくら見上ぐる顔も昏れにけり




昔、母の鏡台の横に、若山牧水の歌が掛かっていました。
もちろんコピー、ともれば牧水の筆跡でないかもしれませんが、「牧水」の崩し字も読めなかったけど私はその歌を毎日のように眺めてました。
何年か経って気が付くとその色紙はなくなっていました。
どんな歌だったのか忘れてしまってたけど、ようやく分かりました。

うすべにに 葉はいち早く萌えいでて
              咲かむとすなり 山桜花


本人もなぜこれを部屋に飾ったのか忘れてしまったようですが、おかんの好きだったという、私にとっても思い出の短歌です。
[PR]
Commented by shoichi at 2009-04-11 20:44 x
桜の次は歌か~。
がさつに育ったせいか、歌心は全くなし。
でも何となく雰囲気だけはわかるかな。
母娘で歌とは、なかなかのもんだね。

黄昏時の桜の下の、おじいちゃんと子供達の後ろ姿の写真がとっても良い。
Commented by gogolotta at 2009-04-12 20:03
☆shoお父さん
うちの母は家族で唯一の本嫌い。なのにどうしてだか、結婚当初からこの歌を掛けてました。どこで見つけたのかも不思議。それがなくなってから聞いてみると、「なんとなく好きだったから・・・」と本人も覚えていないようです(笑)

このおじいちゃんと孫の姿、とっても微笑ましくて思わず撮ってしまいました。
by gogolotta | 2009-04-10 21:32 | 和ごころ | Comments(2)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る