あれから5年。まえがきに変えて

先日、blogのコメントでふと思い出したことがありました。
あのイギリス旅行からもう5年。
行ったことすらも夢じゃないかと思うような、ヨーロッパでの濃~い3週間!
あれを珍道中と言わずして・・・と思うことしきりの初・海外F1GP。
なんだかとても懐かしくなったので、ちょっとずつここで思い出を綴っていこうと思います。
しばらくお付き合いいただけると、嬉しいです(^^)

f0001378_2225197.jpg




まず初めに、私のF1仲間について少しお話しましょう。
その頃はまだネットも今のように当たり前になる直前。私はそれに輪をかけてアナログな人間でした。
5年前といえば、携帯もやっとこさ前年に購入という有様で、メールがたまに。もっぱら着信専用。
ネットもまだダイヤルアップ(笑)
海外に住む友達とメールをやりとりするくらいで、ほとんどインターネットを使うことがない日ばかり。
それが、ネットなしでは生活できないっ! と180度日常を変えてしまったのがF1でした。

F1は高校生の頃から好きで、大学に入ってからようやく国内GPを観戦することができるようになり、とても嬉しかったのを覚えています。
あの頃はF1の話ができるのは、学校の友達数人だけでした。
一緒に岡山や鈴鹿に出かけていたのが、やがて彼女達が結婚・出産と生活が大きく変化したのに伴って、私はひとりでレースにいくようになりました。
ブームが去ったのもあって、チケット入手には困ったこともなく(前年のプログラムの先行ハガキやミリオンカードの先行予約で買っていました)、妹が三重に住んでいるので宿にも不自由していませんでしたし、何よりひとりでも十分に楽しいと思っていました。心から。
でも人生のターニングポイントともいえる日がやってきます。
それが2002年の日本GPでした。
佐藤琢磨というひとりの日本人ドライバーの活躍が、あんなにも自分に大きな変化をもたらすなどとはその時は思いもよらず・・・。
彼の母国デビューとなったあのレースは、それくらい私に強い衝撃を与えましたし、おそらくあの日サーキットにいた全ての人が同じような興奮を味わったと信じています。
「やっと勝てる日本人がきた」
その後琢磨が走ったどの母国レースよりも、サーキットがひとつになった高揚感は勝っていました。
そして、私は彼に興味が湧き、公式サイトを覗くようになって初めて「掲示板(BBS)」なるものの存在を知ります。
同じように琢磨の走りに感動したファンの人たちの文章を読んで、自分も意を決して書き込んでみよう。
その時から使い始めたのが、今も使っている「Lotta」というハンドルネームです。
(名付け親は、その時勤めてた会社の先輩・S姉さん。スウェーデン映画の主人公であるこまっしゃくれた可愛い女の子から取りました)

やがてそこで「常連」だった人のHPにも出入りするようになり、公式サイトのBBSで見た名前をたくさん見つけたりして嬉しくなって、そこにも書き込むようになりました。気が付いたらネット生活にどっぷり浸っていましたね。
あの頃のBBSはまさに「ネットでの会話」。すぐにレスがついて驚きました!
F1についても他の話題でも、住んでる場所も世代も職業も全く違う見知らぬ人達なのに、不思議とウマがあって毎日PCを開くのが楽しみになりました。
まだネットの世界は未知、出会いといえば怪しいと最初は思っていましたが、そのBBSに出入りする人は本当にみんな良い人ばかりで、実際にオフ会で会うようになっても自分が正しかったと改めて認識するくらい。
まあ、まさか自分が男だと(しかもおっさん 爆)思われてたのは、びっくりだけど(^^;
それまでひとりで楽しんでいた鈴鹿も、翌2003年にはその仲間達とサーキットで一緒に集まるようになり。
そして、その2003年の日本GPの後から、思いも寄らぬ展開が私を待っていました。

それまで、日本だけで満足していた私は、海外GPは夢のまた夢で、雲の上の存在。
ふとしたことがきっかけで、こんなに早く現実になろうとは・・・。
私が仲間を作る機会を得たBBSの管理人・B兄さんはイギリス在住。
イギリスといえばF1が最初に行われたサーキット、シルバーストンがあるところ。
じゃあ、来年はB兄さんちにお泊りさせて貰ってイギリスGP観戦しようか!?
冗談みたいなことがどんどん現実味を帯びてきて、すっかりその気になった私。
術中にハマッタというか、唆されたというか(--;

旅行に行くなら3週間もどうやって休みを取るかが一番の問題。
その時の仕事はなんとも休みが取り難く、一日の有休を取るのさえ至難の技。
でも、ちょうど仕事でも煮詰まって、自身シリアスな問題を抱えていた時期でもあったので、この旅行が辞める後押しをしてくれたともいえます。
旅行の数ヶ月前に退職して晴れて自由の身になりました。これでイギリスに行ける!
日本から一緒に行くのは3人。現地でB兄さんや他の友達に合流。ドイツに住む友達に会いに行く。
決まっていたのはたったこれだけ!
出発直前になるまでほとんど旅行の計画を立てなかったね~(爆)
計画を練るためにメッセンジャーに集まれば、関係ない話で盛り上がるし。
みんなの存在を知ってから1年(笑)、実際に顔をあわせたのは数回なのに本当に長期間の旅行ができるの!?
・・・とは露ほども思いませんでした。不思議と。

2004年6月25日。
成田からその珍道中は始まりまったのです。

長い前置きになりました(爆)
続きはまた今度。
[PR]
Commented by es-images at 2009-06-14 09:15
これはなかなか面白そうなお話が拝見できそうですね・・・。人の海外観戦記を読むのが好きなので、期待して待っております。
Commented by gogolotta at 2009-06-14 14:26
☆es-imagesさん
観戦記というほどF1のお話ができないかもしれませんが(笑) 、ありがとうございます。
Commented by B兄 at 2009-06-15 03:49 x
そうだったねぇ、3週間だったんだよね。なんか短く感じたけど。
一生の内でもそう経験できないほどの3週間だったのでは?
Commented by YUKO at 2009-06-15 13:06 x
ロッタちんの名付け親は私だったかと思ったけど…S姉さんのが先だったの~?(泣)
当時のロッタちん、いろいろ楽しそうに話してたな~と、ぼんやり覚えています。
今後の更新も楽しみにしてるよ~^^
Commented by gogolotta at 2009-06-15 23:46
☆B兄さん(笑)
その節は大変お世話になりました!! 兄さんにも奥様にも!
本当に貴重な経験でした。3週間なんてあっという間。
今年も兄さんのことろには、私達の様な女の子がいーっぱい
行くようですね(^^)
またお金貯めて仕事辞めて行かなきゃ♪(笑)

☆YUKOちゃん
え? 名付け親はそうだったはず・・・(^^;
そんなに楽しそうに話してましたか(笑)
うふふ。
by gogolotta | 2009-06-13 21:45 | 旅行記 | Comments(5)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る