2004 えげれす珍道中記 その2


f0001378_23373118.jpg


イギリス滞在2日目は、いよいよ今回の2大イベントの雄『Goodwood Festival of Speed』です!!
マーチ卿という貴族が始めたこのイベントは、世界中からモータースポーツやクルマをこよなく愛する人々が参加しに終結する大きなお祭り♪
レースファンならモナコと並んで一度は行きたいところ(^^)
2004年のテーマとなったメーカーは、ロールスロイスでした。
前売り券をB兄さんが買っておいてくれました。当日券はないので前もって購入する必要があります。
このイベントに琢磨が参加するということで、当時所属していたチーム、BARのファンクラブに慌てて入会しました(笑)
ファンクラブ限定イベントがグッドウッドであるというのなら、行かないわけにはいかないもんねっ。
・・・1ヶ月まえなのに会員証が間に合ってよかった~。
このBARの会員証、後に思わぬところで役に立つのですが、それはまた別の話。

私達一行が到着した金曜日から始まっていたので、2日目土曜日からの参加です。
前日に寝たのが遅くても、いつもどおりに目覚ましのアラームより前に目が覚めました。
6時出発なので5時に起床。どんより曇った天気で肌寒く感じます。
この寒い曇天模様が3週間もいると「なんてイギリスらしい天気!」と慣れっこになります(爆)
高速を飛ばし、街中に入ると狭い道をしばらく走ると美しい丘陵地帯が眼前に広がってきます。2度ほど道を間違えたのはご愛嬌♪
2時間も走るとグッドウッドに着きましたよ~!!

とてつもなく広々とした、美しい丘。
日本と同じ島国でも全く異なる景色にしばし圧倒!
日本の山も川もなんて険しいんだろうと思わせる、ゆったりとした勾配。牧場のような緑が延々と続くこの場所は、駐車場になっています。・・・こうも目印がないと、どこに止めたか絶対分からなくなると思うの。
日本だとこういう場所はまず砂利かアスファルトになっているところです。
無駄や無理のある景観は作らないという姿勢からして違うんだろうな、うん。

8時頃といえばお腹もちょうど良く空いて、B兄さんの奥さまが作って下さったおにぎりと麦茶で朝ごはんを頂きました。
イギリスでの最初の朝食です。遠足みたいで楽しいな~。
会場にはテントがずらーっと並んでいて、そこがいわばピット。
マニアでなくても、そのクルマやバイクのすごさに圧倒されること間違いなしのお宝の山!
じっくり全部観てたらいくら時間があっても足りませんよ。
その前に、ミッション開始。
ボスから請け負った携帯weblog形式ページの本格更新開始。(私は主にメイン特派員・T兄さんの「追っかけレポ(爆)」をする秘密特派員 笑)
それから、日本を経つ前に成田でT御大から渡された彼の作品を、ある場所に届けなければなりません。
一番会いたかったマシンのところへ。

f0001378_23341382.jpg

1976年、富士スピードウェイで開催されたF1(F1選手権in JAPANのこと)にスポット参戦した、伝説の純国産マシン『コジマKE007』がそれです。
これまたネットで知り合ったKくんというが、このイベントでコーディネーターとしてこのマシンを参加させる仕事をしていた縁もあって、ぜひグッドウッドで会いましょう! と約束をしていました。
一度ピットを訪ねたときはいなかったけど、後で無事会えました。
ミッションも果たし、スタッフにも紹介してもらって、Kくんが私より随分若いのも証明されましたよ(笑)
チャットやメールでのやり取りだけでも、イギリス生活が長いせいかおっさんくさい大人びた人だという印象が強すぎました(^^;
彼に紹介されたTBさんという人は、KE007を7年もかけてレストアした、その世界ではかなりの有名人。
ものすごく気さくで楽しい人です。
今はマキF1をレストア中とのこと。これもまた幻のマシンですよ~。
f0001378_23284778.jpg


さて、このKE007は漆黒がとにかく美しいマシンです!
形といいカラーリングといい、見惚れてしまう稀有の存在。オーラが違うな~。
私なんかでもそう思うくらいなんだから、T兄さんのように実際に76年に富士にいた人ならもっと感慨深いと思いますよ。
このグッドウッドには、そんな素敵な物語がたくさん語られるところです。
何十年も前のヒストリックカーが、ピカピカに磨かれ、走行できるということは、その間ずっとそのマシンを愛し、メンテナンスし続けた人達がいるからです。
ヨーロッパにはモータースポーツやクルマを愛する人達がこんなにもたくさんいて、それが文化としてしっかりと根付き、自然に溶け込んでいるのを肌で感じました。
そんなフェスティバルに日本から招かれるというのは、とても珍しく名誉なこと。後日、TBさんが語ってくれました。
この日の走行は、かつて富士でこのマシンをドライブした長谷見昌弘さんが担当。30年ぶりの奇跡!
今ではチーム監督としてGTに参戦している、これまた伝説のドライバー。
土曜の走行ではドライブシャフトのトラブルに見舞われてしまいました。
長谷見さんはマシンを止めてしまいましたが、どうしていいのか分からない様子で、それを見ていたパドックサイドでは連絡手段が何もなくてスタッフは大慌て~!
急いで修理しなくてはなりません。
T兄さんはピットに戻ってきた長谷見さん直々にトラブルの状況を説明して貰い、2ショットも撮れてかなりご満悦な様子でした。

さて、それと大事なことがもうひとつ!
私がみんなに出会うきっかけとなり、この旅行を実現する要因となってくれた我らが佐藤琢磨に会わないと~♪(^^)
BARのピット最前列でじっと待ちましょう。いつまでも待つわ~。だって確実に会えると思ってるから。
F1のピットより接近しやすく、本人もリラックス間違いなしだから!
じーっと待つ私達に、優しい女性スタッフがチームの冊子や琢磨の写真入りカードをくれました。ラッキー! ファンクラブ特典ともちょっと違っててツイてます。
そしたら、今度は男性スタッフがイヤープラグもくれました。
いっぱい貰ったので、日本に帰ったら皆にお土産として渡そうっと。日本人が遠路はるばる来てると分かったのか、親切にしてもらって嬉しかったです。
そして念願の琢磨登場! 最初はスタッフと軽く打ち合わせた後、すぐ奥に引っ込んでしまいました。
「当分そっちには戻らないよ」
とそのまま待ってる私にT兄さんが電話をくれた直後、再び登場するではないの~。
イギリスでも有名人なので、周囲も突然人が群がってきて熱狂的に彼を迎えます。しばし圧倒。
琢磨とは既に顔見知りのB兄さんやEちゃんが普通に喋ってるのを見ながら、羨ましいと思うより頭が真っ白でぼーっとするばかり。
「ようこそ、イギリスへ!」
と言ってもらったのも吹っ飛ぶくらい、頭の中は黄色い悲鳴でいっぱいです。
せっかくなのにうわのの空。
でもキャップにサインは貰いましたよ、しっかりと!(^^)v
ほっといてもニヤニヤするのは止められません。
握手までしてもらっちゃったよ~♪
温かくやわらかい手でした。
「一生洗えない!」
Kちゃんとふたりでキャーキャー言いながら、数十分後にはフィッシュ&チップスの昼食を・・・(爆)
f0001378_23293028.jpg


14時半からホスピタリティブースで行われたBARクラブイベントでも、サインを貰うことができました。
この年はアメリカGPで日本人最高位タイ記録となる3位表彰台を獲得したので、そのトロフィーをファンの前でお披露目してくれました。
・・・そんな貴重なものを、なぜに「紀伊国屋」の袋から!!(^^;
                                  右側のスタッフの手元にご注目。↓

f0001378_23303711.jpg

トークは当たり前ですが全部英語なので、聞き取りを途中で諦めました(泣)
f0001378_23225742.jpg

そんなイギリスでも人気者となった日本人F1ドライバーが、イギリスの超有名ドライバー、ジョン・サーティース卿と2ショット!
(間違っても呼び捨てにしてはいけません。S会長に怒られます! 笑)
このホンダのマシンを見ても、ファンは興奮することでしょう。(サーティース卿のマシンじゃないのが残念だけど)
2輪と4輪両方でワールドタイトルを獲得したという伝説のこの人が、琢磨と並んで!
S会長なら絶対に涙を流して喜んだだろう、と皆で言い合ってました。
f0001378_23311851.jpg


一日中寒く、雨が降ったり止んだりの天気でしたが心は快晴!!
大満足で家路に着きました。
この日はスーパーで買い物をして、パスタとサラダを作って食べました。
すぐにどこかへ消えてしまうT兄さんのレポは、想像通り至難の業でした(爆)

グッドウッドの話は次回に続く。
[PR]
Commented by B兄 at 2009-06-16 05:21 x
>2度ほど道を間違えたのはご愛嬌♪
細い田舎道だからねぇ。あのあたりは未だによく道に迷うよ(汗)

一番下の写真にT兄さんが写ってるじゃん(笑)
Commented by makota_0843 at 2009-06-16 06:15
gogolotta さん、おはようございます♪ makotaです!^^
先日はご訪問ありがとうございました。
神戸同士、これからもどうぞヨロシクお願いしますm(__)m

gogolotta さんはF1ファンなのですね~
F1の事はあまり詳しくないのですが(ゴメンナサイッ)
楽しく読ませていただきました。(^^)
お料理もお野菜が多くてとっても美味しそうですね!私好み~♪(^^)
『芦屋軒』の佃煮は先日もテレビで紹介されていたような・・・
有名なんですねっ。
私も一度食べてみたいナ♪(^^)
Commented by shoichi at 2009-06-16 09:52 x
なんか呼ばれたような気が....。

それにしても、もう5年も経つんだね~。
何時かはオレも行かなきゃ。
Commented by YUKO at 2009-06-16 12:59 x
あはははは!!!(爆)
紀伊国屋の袋のトコでニヤニヤしてもたやん~ッ!!!
…仕事中なのに(^^; ←仕事中に読む方が悪いっ!
Commented by elliottyy at 2009-06-16 17:48
ロッタちゃん~~!!めちゃめちゃミーハーは私の心をわしづかみよ^^(爆)
ちょっと~~!!すごすぎませんか?!
もうここで呼んでるだけでも心臓ばくばくしちゃうわよ~~。(笑)
さわやかな笑顔だね~~☆佐藤琢磨くんって^^
私もいきなりここでファンになりました~~☆(笑)

さて今から↓の記事もさかのぼって読ませていただきます~~♪

またイギリス来ないの??待ってるわ~~♪
Commented by ひなこ at 2009-06-16 20:12 x
ロッタちゃんッ♪こんばんは♪
またイギリス珍道中載せてくれてありがとッ♪♪♪

琢磨さん超かっこいいい~~~~!!!!!
きゃーきゃー言っちゃう気持ちわかるよ~~♪♪♪
こんなに近くから撮影すごい宝物だねッ♪♪♪
マシーンもかっちょええね~~♪♪♪
Commented by gogolotta at 2009-06-16 22:22
☆B兄さん
確かに細くて目印らしいものがない道でしたもんね~・・・。
無理もないです!

>一番下の写真にT兄さんが写ってるじゃん(笑)
うわっ! ホントだ。よく見つけましたね~。今の今まで、何回も見てるのに気にもしなかった(爆)

☆makotaさん
こんにちは! こちらこそよろしくお願いします♪
食べるもの以外のことは最近少ないblogなんですけど(笑)、F1は大好きです。
最近は野菜をたくさん食べようと心がけていて、いつもmakotaさんのお料理を参考にさせていただいてます!
今日のお弁当も美味しそうでした~(^^)
『芦屋軒』テレビでも紹介されてましたか?
お土産にも喜ばれると思います。ちょっと日持ちしないのが残念ですけど(笑)
美味しかったです~。

☆shoお父さん
噂をすれば(笑) もう5年ですよ。今度は一緒に行きましょう!
ちゃんと介護しますから(嘘)
Commented by gogolotta at 2009-06-16 22:22
☆YUKOちゃん
紀伊国屋から、歴史的なトロフィーが出てくるなんて誰も思わないでしょ? びっくりしたなー、これは。

☆いっちゃん
すごいでしょ? すごいでしょ!?
こんな爽やか好青年に「ようこそ」なんて笑顔向けられたら、「もうここに永住します!」と言いたくなっちゃう(爆)
この当時は彼はイギリスに住んでたんだもーん(^0^)
また絶対行きたい! 見てないところいっぱいあるし、その時はいっちゃんに美味しいイギリス料理を教えてもらわなくちゃ♪
待っててね~!!(^^)

☆ひなこさん
かっこいいでしょ~!? 間近で見たら緊張して頭真っ白。もっといろいろ話ができたらよかった~。
今思い出しても、ホントにミーハー心鷲づかみだったわ!
by gogolotta | 2009-06-15 23:12 | 旅行記 | Comments(8)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る