2004 えげれす珍道中記 その6

ロンドン観光3日目。Kちゃん、何度も案内役を買って出てくれてほんとにありがとうね~!
まだスト決行中なので、BRとバスを乗り継いで行くことに。
バス路線はKちゃんにおまかせ!(^^)
ロンドンブリッジで待ち合わせました。
この駅でT兄さんがトイレに行きたいと言い出して探したんだけど、「トイレはあっち」と指す看板が見当違いの方向を示してて・・・(--; なんと通りの反対側の遠いトイレを指していた!(爆)
看板の意味なーし。

f0001378_16115912.jpg
ロンドン・ブリッジをシティに向かって渡り、タワーブリッジを望む光景。
おお~、これぞロンドン!
目立たないロンドン橋・・・。タワー・ブリッジと混同されることが多いんですけどね(笑)
確かにタワーブリッジの方が立派~。
この橋はローマ時代から同じ場所に架けられてきて、火災や戦争などの為何度も架け替えられているんだとか。
”London Bridge is Falling Down”という歌は、その倒壊の多さを揶揄したんですね(笑)
今の橋は1970年代のものです。


f0001378_16153642.jpg
ロンドン塔の横を通ります。川沿いということもあって、曇天模様のこの日は肌寒く風が冷たかった~!(>_<)
でも血塗られたロンドン塔には曇ってた方が似つかわしいような気がします(爆)
これは昔はお城として建てられ、難攻不落の要塞として機能していた城砦。
後期の監獄としての「血の塔」としてが一番有名で、エリザベス1世の母アン・ブーリンや宰相クロムウェルもここで処刑されました。凶暴なカラスを飼育してるロンドン塔。
ちょっとぞーっとします(爆)


f0001378_16161916.jpg
タワー・ブリッジは近くで観ると意外とカラフル。
そして揺れる・・・。
高いところが嫌いなのに、この揺れ方は凶悪です!(>_<)
かなり怖かったので、3人を待たずにさっさとひとりで渡りきりました(爆)
これは眺めてるだけで良かったのかも。
やっぱりここでも上に昇りたがってた人がいましたが、断固拒否です。



f0001378_16174225.jpg
途中休憩を挟みつつ、テート・モダンで現代アートを鑑賞(モダンなアートは全然分かんなかった)して、曰くつきのミレニアム・ブリッジへ。
一度閉鎖されたという恐怖の橋!! 揺れるは手すりが低くて下は丸見えだわ、タワーブリッジの比ではなく大変怖かったです・・・。
傍から観てもスッカスカで落ちたら一溜まりもなさそうでしょ~?
テート・モダンの前にあるだけあって、前衛的な造りで話題に上った直後、あまりの振動に渡る人が恐怖に慄き命の危険を感じたという橋なのです(本当)。
通行か再び可能となったので、思ったほど揺れなかったけど、それでも私には十分恐ろしいのです。
横が見られない・・・(T_T)



目の前のセントポール大聖堂を見るようにして、頑張りました。
歩行者専用なのでゆっくりテムズを見たりするのにはいいんでしょうけど。
見た目はとても変わった橋です。
おや、ちょっと雨がパラついてきました。

f0001378_1617791.jpg

この後はパブで休憩。
歩きつかれたのでかなりまったりしましたよ。
それから『マイ・フェア・レディ』で有名なコヴェント・ガーデンを冷やかしました。
とっても賑やかで楽しいマーケット♪
そしてチャイナ・タウンへ。
f0001378_16181538.jpg


なぜかマレーシア料理のお店に入りました。
これが想像を絶するまずさで・・・笑っちゃうしかない!?(^^;
Kちゃんのプレート。見た目はとっても美味しそうなのに・・・って十分怪しい雰囲気を醸し出してます・・・。
f0001378_1621672.jpg

私はカレーを頼んだんですが、ルウとご飯だけしか食べられませんでした(爆)
f0001378_16191174.jpg

Eちゃんのラーメンが一番マシ。薄味の煮干ラーメンのような味だったんですけどね~。
奥のはT兄さんのラーメン。これもイマイチ。
f0001378_1620481.jpg

世の中にはこんなにも美味しくないものがあるんだと、強烈な思い出になりました・・・。
胸やけがするほど気分が悪くなるって、後にも先にもこの時だけです。
私はたいていのものは平気で食べられるんですけど、これだけは無理でした(涙)
なんとも破壊的なお味で。
普通にチャイニーズとかにすればよかったんだわっ。
後で「ロンドン在住が長いKくんに聞くべきだった」と悔やみました。本気で。
(ごはんの写真はT兄さんの撮ったもの)

一日の最後にかなりぐったり。
チューブでは容赦なくピシャリと閉められるドアに、友達と離れ離れになってしまうふたり連れの光景を見て、日本がいかに親切かしみじみ思いました(爆) 
ホームに置いていかれる人の悲しそうな顔といったら(^^;
時刻はものすごく適当なのに、こういうところは容赦ないのね。
そういえば、バスの女性ドライバーに「乗るなら早く乗らんかいっ!」とおっかなく怒鳴られたし。
この国で駆け込み乗車は危険です(爆)

この日の帰りは、駅までB兄さんがお迎えに着てくれました。ありがとうです♪


さて、いよいよ翌日からはイタリアへ。
準備にバタバタです。
B兄さんにいろいろ良いホテルなんかを教えてもらいながら、イタリアでの宿泊先、エアチケットの予約を無事完了。
・・・どうでもいいけど、他のふたりは私に任せて何してんの~?
イタリアからフランスへ行くのは自分達で予約しましょうね。
私がひとりでドイツに行く間、T兄さんとEちゃんはフランスGPに行くことにしたんだそうな。
グッドウッドで会ったMカメラマンにそそのかされて(笑)
マイペースなEちゃんはともかく、T兄さんはいろいろプリントアウトし過ぎて、訳が分かってないくらい混乱模様。
私はガイドブックとイタリア語会話の本さえあればなんとかなる! と既に腹をくくってるのに、ひとりでぎゃーぎゃー騒いでいるので、適いません。うるさいっちゅうの(--;


なんだか不安になってきた・・・誰が保護者?(爆)
[PR]
Commented by cherry2005 at 2009-06-29 10:44
こんにちは~~♪
ロンドンの街並み・・・・懐かしいです。。。。。
実は8年前、ロンドンの教会で挙式をあげたので
この街には特別な思い出があります~☆

ロンドンって~インド料理からエスニック料理と・・・・・
たくさんあるんですよネ。
お料理はイマイチでしたか~(笑) 
残念・・・・あの街は、当たり外れが大きいですよネ。

Commented by gogolotta at 2009-06-29 23:22
☆cherryさん
こんにちは。そうなんですか! 結婚式を挙げられたのがロンドンなんですね♪ 素敵~!(^^) いろんな思い出があるんですね、この街に。
私も食べ物のことを除けば楽しいことばかりでした。
いろんな料理があるんですよね。確かにあたりハズレが大きいです(笑) 美味しかったところもあったんですよ~。でもこれはダメだった・・・。
なので次回は絶対美味しいところを聞いてから、行こうと思ってます(^^;
Commented at 2009-06-30 18:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gogolotta at 2009-07-01 23:49
☆鍵コメさん♪
おひさしぶりー! なんだか美味しくないのにばっかり当たったのかも・・・。フルーツや野菜は美味しいんだけど!(笑) でもいろんな国の料理があるし、パブのご飯は美味しいとも聞くねー。
食べ物と物価の高さ以外は、気に入った! 面白い国だったよ☆(^^)
by gogolotta | 2009-06-28 16:14 | 旅行記 | Comments(4)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る