2004 えげれす珍道中記 その7 (いたりあ番外編 上)

いよいよイタリアへ3人で出発~!
大いに不安を抱えながら(爆)
スタンステッド空港まで電車を乗り継いで行きます。高い電車代・・・イタリアまで飛ぶ飛行機が殊更割安に感じられる(実際安いんだけど)イギリスの鉄道(>_<)

f0001378_23183248.jpg

これがスタンステッドまでの切符(£16.80)と、イタリアはリミニまでのエアチケット(6000円くらい?)。easyjetですよ~♪
そしてまた(!)チェックインで、荷物の重量オーバー(爆) 今度はEちゃんの機内に持ち込む鞄です。
私はかなり身軽にしてたし、T兄さんにいたってはなんと・・・(以下自粛)。
そんなことがありつつも無事に飛び立ちました。
アルプスを越えて、イタリアへ入国! 超嬉しいよ~♪(^^)
イギリスからの飛行機で、しかもこんな小さな空港。アジア人は私達くらいなのでとっても目立ち、入国審査にちょっと時間を取られました。他の人たちはヨーロッパ人ばかり、おそらくイギリス人かイタリア人。
入国管理官のおぢさん達の眼つきの鋭いこと(^^;
通過できてよかった、ほっ。しかし、暑い~! イギリスからくるとびっくりするくらい「ホンモノの夏」!!
日差しが眩しいですよ~。めがねっ子の私は度入りのサングラスなんて持ってなかったけど、帽子は持ってくればよかったな(日本から)。
こういうところで一番抜かりないのはEちゃんです。
T兄さんにいたっては毎日「あれ忘れた、これ忘れた」で、イギリスで買ったばかりのサングラスを忘れてくる始末(--;
海沿いなので潮の香りもするし、ちょっと湿った空気です。イタリアの香り?(笑)

ここからすぐに目的地まで移動です。リミニ駅までのバスを空港係員のおぢさんに聞いてきます。(イタリア語頑張ったよ、私)
ほんとに合ってるか、いつ駅に着くか自信ないけど(笑)
ちょっと緊張気味の3人・・・。一番後ろに座ってなるべく目立たなくしましょう。
乗り過ごす心配も無用、駅は終点でした。
リミニ駅からローカル線でイモラへ北上します。
F1ファンにはお馴染みの、サン・マリノGPが開催されていたサーキット「オートドローモ・エンツォ・エ・ディノ・フェラーリ」のある場所です。
実際のサンマリノ共和国はさらに南(リミニより南)にあるんですけどね。
切符を買うのもイタリア語で。高かった本、役に立ってます。
列車の時刻まで割と余裕があったので、売店で水とパニーニを買ってやっとこさ昼食。
これがめちゃくちゃ美味しいの! 前夜のマレーシア料理の衝撃後だから余計に?(笑)
それだけでほっとする私達です。

さて、そろそろ列車の出る時刻。番線が急にバタバタ変わったのか、はてまた聞いた駅員が勘違いなのか、ここでもまたちょっと混乱が。まあ、たぶんイモラに行くでしょう・・・。

f0001378_23123090.jpg

30分ほど電車に揺られて、イモラに到着。夕暮れも押し迫ってきたので、タクシーでサーキットまで。公園になってる広いサーキットなので、「アクア・ミネラッリ」まで乗せてってもらいました。
ここにはアイルトン・セナの銅像が建っています。
今回、イギリス行きと同時にここに来ようと決めてました。絶対ここに来よう、と。

f0001378_23125879.jpg

ジョギングをする人や家族で遊んでる人達もいましたが、そんなに人はいません。
とても静かな公園でした。

f0001378_23134487.jpg

セナの最期の地。ものすごく心にずしんとくるものがあって、私達はしばらく3人とも、ひとことも口を開きませんでした。
言葉にできるものがなにもなかったし、それがこの場所では自然のような気がしました。

f0001378_2314454.jpg


f0001378_23142362.jpg

いろんな国の言葉で書かれた、セナへのメッセージ。読めなくても気持ちが伝わってきます。
あの時のショックは今でも忘れられません。
セナのファンではなかった私でさえそうなのですから、他のふたり・・・特に大ファンだったT兄さんには、想像もできない想いがたくさんあったに違いないでしょう。
この時でちょうど亡くなって10年の歳月が流れていました。

f0001378_23161326.jpg

セナに会った後は、売店でジュースを買いがてら、行きに乗せてきてもらったタクシーのお兄さんを呼んでもらいました。
「帰りも呼んでね!」と名刺を貰ってたのが幸いです。タクシーなんてここではつかまりません。
お兄さんは「ほんとに呼んでくれてありがとう!」と大感激でした。
イタリア人にようやく会った気がするわ~。
今度イモラに来る時はグランプリが復活してる時がいいな。
そして、この美しい街を散歩してみたい。セナにお花を買う時間もなかったもんね。
それまでさよなら。

f0001378_23163551.jpg

また電車に乗って更に北上。エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャで宿泊です。
1時間もかからなかったんですが、電車の待ち時間がここでも長く、ボローニャに着いた頃には日がとっぷり暮れていました。つまり夜遅くですよ・・・。時間の感覚が狂うヨーロッパの夏時間。
ホテルへもタクシーで!
安いけどなかなか綺麗な部屋だな~と思う間もなく、ちょっと揉め事。
3人部屋を頼んだのにベッドは2つしかなく、エキストラベッドもないというので、かなり怒りモード。話が違~う!
(せめて英語でもっと怒る練習をするべきだったわ)
仕方がないので、T兄さんには床で寝てもらいましょう。
毛布を余分に持ってきてもらいましたが、怒りのあまりチップのことなど全く頭から抜けてました(爆)

夜11時ともなれば近くのアメリカン・レストランしか開いてなかったので、そこでバーガーの夕食。イタリアでは一番美味しくない大味でした(^^;
みんな疲れのあまり、お腹もすいてるのかどうか分からない状態。誰も完食できませんでした~。
あやうくイタリアで迷子になりかけましたが、とにかく初日が無事に終わってほっとしました!

マニアックなイタリア小旅行、まだ次回に続きます(笑) ・・・マニアック過ぎ?

f0001378_23172728.jpg

[PR]
Commented by PON at 2009-06-30 01:52 x
あ!easyJetだぁ~!ロッタちゃん乗ったんだ!
「なんて派手な塗装だ」とブカレストの空港で思ったわ。
私なんぞは、前回のロンドン塔にも魅かれます。

ここまでマニアックな旅行。私もしてみたいもんです・・・ウットリ♪
Commented by elliottyy at 2009-06-30 16:38
ロッタちゃん~~☆
本当に楽しそうな珍道中ね。あはは。
でもさ、旅ってすべてが整っているのでは面白くない~~!こうしていろいろな出来事がまたいいよね。(笑)
続き楽しみにしています☆
Commented by B兄 at 2009-06-30 21:56 x
そんなときにはチップなんていりません!(キッパリ)
Commented by gogolotta at 2009-07-01 23:43
☆PONちゃん先輩
easyjet、派手でしょ~! 中身はそうでもないんだけど(笑)
マニアックな旅行でしたわ、改めて。
でも先輩もなかなかマニアックですよ♪ ブカレスト!

☆いっちゃん
すっごい珍道中でしょ~(^^; 内心ひやひやすることもたくさんあったんだけど(爆)
終わってみれば良い思い出! また自分で好き勝手な旅行がしたい~~~!!

☆B兄さん
でしょでしょ~? いつまでもぼーっとつっ立てるから何なんだろうと思ったけど、あれはチップを待ってたのか、と。
まあ、渡す気なんてさらさらないけど!
Commented by YUKO at 2009-07-02 14:14 x
「世界の車窓から」の音楽が聴こえてきそう~♪
こういう旅、一度でいいからしてみたい…。
(いや、機会があれば二度三度…笑)

最後のほうの文章で「床で寝てもらいましょう」ってサラッと書いとるけど(笑)
Tさんって方、めちゃ可哀想~~~っ!
Commented by gogolotta at 2009-07-02 22:57
☆YUKOちゃん
楽しいよ、列車の旅は! ぜひしてみて。

>めちゃ可哀想~~~っ!
確かに(^^; 床に巣を作ってたけど、さすがに体が痛いと嘆いてた(爆) カウチでもあったらいいんだけど、一人用ソファしかなかったからね・・・。
by gogolotta | 2009-06-29 23:08 | 旅行記 | Comments(6)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る