女6人、京都洛北日帰りツアー♪ その1 貴船編


昨日は、女6人で京都の奥座敷・貴船、鞍馬に行ってきました!(^^)
名づけて、『大奥集団・優雅な名残の夏の旅』(爆)
御台所であらせられるTOROせんせを筆頭に、上臈御年寄のA嬢、お目見え以下のM嬢に。私が大御台・・・ってこら~っ!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

facebookで、ものすんごくいい加減な待ち合わせ(?)をした私達。「大人な」メンバーが選抜されたようなもんなので、難なくクリアー(笑)
無事に会うことができました~。

f0001378_10462829.jpgf0001378_10464716.jpgf0001378_11205414.jpg


阪急河原町から京阪へ乗り換えです。四条駅、いつの間にこんな名前に変わったの?
たった2駅をダブルデッカーの車輌に乗って(←嬉しがり)、出町柳に到着。
ここで叡山電鉄にまた乗り換えです。駅で『京都洛北 鞍馬・貴船散策チケット』を購入します。大人1700円で、往復チケット、鞍馬寺の入山料(200円)、くらま温泉露天風呂入湯料(1100円)もついてとってもお得♪

f0001378_10472953.jpg


無人駅も多い長閑な路線を走り、どんどん山に入っていくと遠くにきたな~と実感。
貴船口で降ります。
・・・なんか蝉が「ミンミン」鳴いてますけど!? まだ真夏か~!
先月の終わりごろに一度涼しくなって、秋になったかと思いきや、先週はまた夏の暑さを取り戻した近畿地方。この日の鞍馬の予想気温は32度でした。
さらさらと流れる貴船川。近くまで降りていくと、びっくりするほど涼しい!

f0001378_10475816.jpgf0001378_10482048.jpg


緑の美しい山道。川沿いは遊歩道もないので、車道をてくてく貴船に向かって登っていきます。
バスも通るし、結構危ないな。観光地なのになんで遊歩道がないんだ?
日差しがきついので、完全防備して日陰を求めてひたすら上へ。

f0001378_10484911.jpg


貴船口から貴船までは、和泉式部にちなんで「恋の道」と名づけられてます。
「もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂かとぞ見る」
という歌を詠んだのが、この蛍岩の辺りという伝承があるそう。
もう少し前なら夜に蛍が見られたかも。

f0001378_10491447.jpg


だんだんお店も見えてくると、だいぶ体感温度が低くなった気がします。
やっぱり山なんだな~。空気も湿度も、下界とは全然違う。
料理旅館の多い貴船。その建物も情緒があるのが多くて素敵。
昔、参拝者が身を清めたという烏帽子岩。都人が烏帽子を置いて、禊をしたんですね~。

f0001378_11131059.jpgf0001378_10501094.jpgf0001378_10502727.jpg


まずは貴船神社本宮に参拝。

f0001378_10505483.jpg

人の手みたいな大きな木の根っこ。A嬢とY嬢が隠れてます(爆)

f0001378_10512398.jpgf0001378_10514359.jpgf0001378_11101556.jpg

古くから祈雨の信仰が厚いこの神社。
水の神様をお祭りしていて、雨乞いをしたり、大雨を止ませたり、絵馬の発祥地ともいわれています。
明治までは上賀茂神社の摂社とされていて、独立した神社になったのはごく最近なんだそうです。
縁結びでもとっても有名です。
ただし丑の刻参りは本当は呪詛の意味はなかったそうですよ~(^^;

f0001378_10521211.jpg


f0001378_10523843.jpgf0001378_10525655.jpg


御神木の桂。圧倒~!!
f0001378_11104257.jpg


御神水の流れる場所では、水占いをしてる参拝者もいます。

f0001378_111158.jpgf0001378_11112385.jpg


f0001378_10532426.jpgf0001378_10534367.jpg


北参道を降りて鈴鹿谷の横を通り、続いて奥宮に行きましょう。
途中で相生の杉が見られます。
同じ根っこから生えた立派な杉の大木。寄り添う姿が、仲睦まじい老夫婦の姿にたとえられています。

f0001378_10541327.jpg


枯れた思い川を渡り、つつみが岩の横を通り過ぎると奥宮は目の前。

f0001378_10544369.jpgf0001378_1055449.jpgf0001378_11151454.jpg


f0001378_10552662.jpg



御神木の連理の杉は、杉と楓がくっついた不思議な木。
別々の木なのに一緒になっている珍しい木は、夫婦円満にたとえられいるそうですよ。

f0001378_10554591.jpg


この石垣のように見えるのは、船形石といいます。
上から見ないと形は分からないのですが、この積みあがった小石を持っていくと、航海は安全だといわれています。

f0001378_10561222.jpg



そして最後は少し戻って、結社へお参りします。

f0001378_105715.jpg


この御社が縁結びで有名で、本宮で絵馬や結び文を買ってここに結わえます。

f0001378_10572210.jpg


とっても小さな御社です。

和泉式部の歌碑もありました。
蛍岩の辺りで詠んだ歌に、貴船の神様が返歌をしたという言い伝え。
「奥山にたぎりておつる滝つせの玉散るばかり物な思ひそ」
という御声が聞こえたんだとか。
恋多き歌人、和泉式部。先日NHKの番組でも取り上げられていましたよ。
夫に心変わりをされてのを悩み、復縁するために願掛けに詣でたところ、その様子を陰から見ていた夫いじらしく思い、夫婦はまた円満になったそうです。
願掛けが叶ったというより、彼女自身の一途な気持ちに夫は心を入れ替えたんでしょうね~。
でも、和泉式部はこの夫と結婚する前に、一度結婚もしているし、夫がいながら身分違いの恋で勘当されたりと、数々の情熱的な恋愛に身を投じた女性。
再婚した相手、願掛けをした夫は、権力者・藤原道長の家臣で、かなり裕福。
式部は最後に安定した暮らしを手に入れたというので、ちょっと計算高さもあったかもしれませんね(笑)


f0001378_1057533.jpg


天の磐船は自然にできた石というのがすごいです。
御祭神・磐長姫命の御料船として結社境内に納められました。
本宮の石庭、奥宮の船形石と合わせて、三社に船の名前が揃っています。

f0001378_10581243.jpg


「恋の道」というロマンティックな名前の通り、カップルにちなんだものがたーくさん!
手を繋いだカップルが多かったのも納得です(*^^)人(^^*)
でも、恋愛以外の人との縁をも結ぶので、皆いろんな願掛けをしているようですよ。
恋愛も友達、仕事仲間・・・。悪縁を絶って良縁を結びたい方には、おすすめです♪

神社をお参りした後は、お昼ご飯に行きましょう。

幹がぱっくり割れて、空が見える不思議な木。
貴船は自然がいっぱいです(^^)

f0001378_10591921.jpgf0001378_10593584.jpg



縁結びで有名な神社なのに、だーれもお構いなしだったな~(^^;
[PR]
Commented by mihy at 2009-09-13 10:55 x
貴船神社が縁結びって知らなかったよ~(`´)いままで
呪詛の地域だと思っていたの、本当に。
解説付きで史跡をまわると、歴史が少し好きになりそう。
Commented by gogolotta at 2009-09-13 23:16
☆miho
呪詛・・・(^^; 解説付きって、をい。
歴史は奥が深いし面白いよ! 京都は歴史がいっぱいだし。
また行きましょう。
by gogolotta | 2009-09-07 10:43 | 旅行記 | Comments(2)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る