クラッシュ

f0001378_2305858.jpg今年のアカデミー作品賞を獲得した、『クラッシュ』を観ました。
なんだか、アメリカの嫌なところを縮図にした映画でした。
特に、「9.11」以降、人種差別が「正当化」された後をあぶりだしているような気がします。
そんな混沌にいきなり放り込まれたような感覚にとらわれましたよ・・・。





ロスで起こった一件の「日常の事故」が、関わる人々に連鎖反応を起こす様と、多種多様な人種の心の奥底を描いていました。
偏見、差別、憎悪・・・ほんとにどろどろした部分が、いろんな角度からぶつけられていく様は、確かに観ていて気持ちの良いものではなかったけれど、偽善や欺瞞がない分、惹き付けられました。
こないだ観た『ホテル・ルワンダ』のドン・チードルが、悲哀に満ちた演技で、また泣きました。サンディー・ニュートンは、『シャンドライの恋』以来観た気がしますが、良い演技をしてました。迫力あったな~。
でも、この映画で一番輝いていたのは、サンドラ・ブロックでもなく、鍵屋の娘役。ほんとに無垢で可愛くて、彼女が撃たれるシーンでは、何度もCMで観たのにショックでした。
でもラストは、なんとなく気持ちが軽くなりましたよ。

人間て、他人と信じあうのは難しいし、生きてるだけで哀しい生き物だけど、それでも誰かを愛おしい気持ちは、なくさないものだといいな。
人生て、生きている限り、何度でもやり直しがきく!
そう信じたい物語です。

最近、立て続けにこのタイプの映画ばっかり観てる気がします(^-^;
[PR]
Commented by shoichi at 2006-03-17 23:51 x
......あ~、良かった。娘の機嫌が戻ったみたいで(ホッ)。しかし、良く映画を見てるね。オレも高校の頃、大分観たけど、スパイ映画ばっかりだったな(その頃、流行ったのよ、007の物まね映画がね)。

ところで、↓の京都のお嬢様の後ろ姿の写真がいつの間にか無くなってる。いい雰囲気だったのにな....。残念。

昨日は、南の島から春の嵐を突っ切って東京に帰ってきたら疲れた。
Commented by at 2006-03-17 23:56 x
おっ!
機嫌が直ったみたいで良かった良かった(^^ゞ

ウチの近所のシネコンは春休み子供映画大会みたいに
なっちゃって見たい映画が全然こないよ(;_;)
Commented by gogolotta at 2006-03-18 23:16
☆shoお父さん
ご心配をおかけしまして・・・(^-^;
スパイ映画ですか。007の物まね、今度してくださいね。
あの写真は期間限定です。お恥ずかしい。
Commented by gogolotta at 2006-03-18 23:19
☆Qにぃ
どんな機嫌が悪いんでしょうね~(笑)
春休みはどうしてもそうなっちゃうんでしょうね・・・。
うちの近くのは、そんなでもないみたいですけど。
でも来週くらいから、また観たいのが目白押しです!
Commented by カオリ at 2006-04-02 21:44 x
TBありがとうございました。
人を信じたい、まさにそうですね。そのためには、時にはクラッシュして、他者を受け入れていかなければならないのかな・・・・なんて思えました。
Commented by gogolotta at 2006-04-03 01:55
☆カオリさん
こちらこそ! 
>時にはクラッシュして、他者を受け入れていかなければ
ほんとにそうかもしれませんね。
いろんなことを考えさせられる映画でした。
by gogolotta | 2006-03-17 23:04 | 映画おたく | Comments(6)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る