白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々

f0001378_232865.jpg『白バラの祈り ゾフィーショル、最後の日々』は、今年のアカデミー外国映画賞にノミネートされた作品です。この賞は、割と興味のある映画が多いので、作品賞よりも注目しています。





近年、ナチスを断罪する映画が多数公開されるようになりました。
多くの証言を元に、明るみに出なかった史実の数々が、世の中にでるようになったようです。
『ヒトラー 最後の12日間』を観た時は、ひとりの人間としての描き方に衝撃を覚えました。
この映画の主人公、ゾフィーはレジスタンス組織『白バラ』の紅一点。兄達とともに、打倒ヒトラーを胸に、非暴力的な活動を起こす学生です。
戦線の婚約者を想い、シューベルトを愛する、ごく普通の女性でした。

「言葉で訴える」

信念を胸に、大学の構内で反ナチスを訴えるビラを配り、兄とともにゲシュタポに逮捕されます。取調べに当たったモーアは、一時は彼女の無実の訴えを信じそうになりますが、自宅から発見された証拠によって、動揺する姿をみせます。
彼もスターリングラードに息子を送り出し、ナチスの恩恵にあずかってきた彼にとって、彼女の毅然とした姿は、脅威であり理解しがたいものだったに違いありません。
この俳優は『ヒトラー』にも出てましたが、とてもうまい演技をみせてました。

自らの良心に恥じることなく、自由を求めて、正義を貫き通したゾフィー。
法廷で、裁判官に向かって、

「次はあなたがここに立つ」

と被告席から言い放つ彼女は、とても眩しく思いました。
この時期には、国民の間にナチスの欺瞞も燻っていたでしょうし、抑圧や虐殺によって、声なき声を多くの人々があげていた時代です。
終戦まで、あと2年。政治的出来事と片付けるには、あまりにも鮮烈で清冽でした。

彼女が「ドイツの良心」として、長く語り継がれるのも、十分に頷けます。
ただ一番ショックだったのは、死刑の執行がギロチンだったことです・・・。結構、これは堪えましたね・・・。
[PR]
Commented by Yong-suk at 2006-03-30 04:05 x
私もヒットラーの映画を買って観たよ。
ドイツ語の上、字幕が英語だったんで、かなり理解するのに
難しかったわ・・・。
Commented by gogolotta at 2006-03-30 23:01
☆マダムYong-suk
ドイツ語の? で、字幕が英語・・・。お疲れさん(^-^;
そりゃ大変そうだわ~。
Commented by べる at 2006-03-30 23:30 x
映画検定、共に受けようぞ(笑)
てか、まじで受けよっかな。
でもお金かかるんよね・・・
Commented by gogolotta at 2006-03-30 23:50
☆べるまろ
映画検定? そんなんあるん!?
お金かかるんか~(爆)
by gogolotta | 2006-03-29 23:08 | 映画おたく | Comments(4)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る