アレクセイと泉

f0001378_20465880.jpg今からちょうど20年前の今日、チェルノブイリ原発事故が起こりました。
発生当初、旧ソ連の隠蔽された未曾有の大惨事。
この事故後、尚危険地域に暮らす人々を写した一作のドキュメンタリー映画、それが『アレクセイと泉』です。
ほとんどの住民が避難した村に残る老人達と、彼らを支える唯一の若者・アレクセイの、静かな日常。一瞬、ここが放射能に侵された地だとは、思えないほどごく当たり前の生活。
放射能の検出されない「奇跡の泉」とともに、この村人達こそ奇跡だと感じます。
心が豊かで、美しい人々の物語です。

ほんとにいい映画なので、また観てみたいですね。
[PR]
Commented by ゆーこ at 2006-04-27 15:17 x
私は今度「陽気なギャングが地球を回す」を観にいく予定でっす。
理由はおわかりでしょ!?
ラジカセは本を読んで面白かったから行きたいみたいです。
あと気になってるのが「嫌われ松子の一生」
日本映画ばっかりやけどね~~~。
Commented by gogolotta at 2006-04-27 20:12
☆ゆーこちゃん
お、観に行くんやね♪ 私も日本映画で『かもめ食堂』観たい。こないだシネカノンで初まったしね。
楽しんでおいで~!
by gogolotta | 2006-04-26 20:49 | 映画おたく | Comments(2)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る