世界で一番、美しい数式

子供の頃から算数が大の苦手でした。0点と取った事もあるくらい(どうやったら1つずつ解答欄を間違えるんだろう・・・)嫌いな学問です。
と同時に、人間が考え出した最も美しく知的な学問だとも思います。芸術といってもいいくらい。数学が得意な人は、それだけで尊敬に値します。
『ビューティフルマインド』という映画を観た時、つくづくそう思いました。・・・私には宇宙と同じくらい遠い世界です。
それだけに、強い憧れを持つのかもしれません。





 『博士の愛した数式』
ベストセラーになった本で、もうすぐ映画も公開されます。
80分しか記憶の持たない数学博士と、彼の世話をする家政婦、そして家政婦の息子「ルート」。三人の温かい関係は、微妙なバランスの上に成り立っています。心温まる美しい世界の中にもの哀しさが見え隠れする物語でした。
小説の中にも数式が出てくるんですが、そのときは「ふむふむ」と判った気になっても、頭に残りません。やっぱりだめだ~(笑) 知的になれないワタクシ(^-^;
三人の関係が、たぶん一番美しい数式なのかもしれません。
何かが挟む余地のない、慈愛と静謐さと、失われた「時間」への切なさに溢れていました。
また読んでみたくなりました。

この人の小説は、『ブラフマンの埋葬』『偶然の祝福』を読んだときにも思いましたが、不思議な世界を書く人です。心地よい安定した雰囲気なのに、読んでいるとなにか自分の知る日常とは、ほんの少し違和感がある。なんともいえない感覚ですが、これが彼女の文章の面白さなのでしょう。
[PR]
Commented at 2006-01-07 06:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by shoichi at 2006-01-07 11:56 x
80分も持つのか、羨ましい。え?記憶がだよ。キ、オ、ク。
んで、オイラの場合、俗に言うニワトリ頭。3歩歩いたら、あれっ?状態にしょっちゅうなっているし、用事で一階から二階に上がりきったとたんに、あれ?なにしにきたんだっけ?なんてのはしょっちゅう。
ボケたら自分ではワカランみたいだから、そんときは皆教えてね。オッチャン、ぼけてまっせ、って。
Commented by gogolotta at 2006-01-07 20:45
☆ゆーこちゃん
昨日はお疲れ様でした!(^-^;
Commented by gogolotta at 2006-01-07 20:45
☆shoお父さん
ニワトリ頭って・・・。でも古い記憶は素晴らしく残ってるじゃありませんか!
by gogolotta | 2006-01-06 23:45 | 本の栞 | Comments(4)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る