なんてこと・・・

正式にリリースが出てしまいました・・・。

来年の鈴鹿でのF1開催はない、とのこと。

10年通い続けた鈴鹿。岡山も行ったけど、やっぱり鈴鹿でのF1が大好きなわけで。

もうショックで凹みまくりです~(T_T)

ミハエルも引退、鈴鹿も来年はないなんて、ほんとに涙、涙の日本GPになりそうです・・・。

はぁ~・・・(-_-;



f0001378_2343787.jpg

[PR]
Commented by 美由紀 at 2006-09-21 06:23 x
ミハエルと共に鈴鹿去る。
ミハエルは富士をドライブしない。
感情抜きにして言うとこういうことなんだが…。
鈴鹿F1がなくなっても、目を閉じればいつだって鈴鹿F1があるんだよ。
それを忘れないで!
Commented by YO at 2006-09-21 13:33 x
僕らには鈴鹿F1が絶対に必要なんだー!!!(><)
だから、今年の鈴鹿を最高に楽しい鈴鹿にするんだー!!!
Commented by shoichi at 2006-09-21 20:49 x
大丈夫!来年がだめでもオレ達の力で再来年から再開催させればいいんだから。そのためには、YOさんの言うとおり、今年の鈴鹿を過去に無いくらい皆で盛り上げて、バーニーとマックスに見せつけてやることが大事だね。
嘆いてばかりいないで、皆で頑張ろう!

ところで話は変わるけど、映画ネタ。
19才の時に松本の小さい映画館でたまたま観て、訓練と勉強に明け暮れていた脳味噌を、とっても癒してくれた映画。当時の劇場公開名は“まごころを君に”と言ったんだけど、原作名は“アルジャーノンに花束を”。数年前にユースケ.サンタマリア主演でTVドラマにもなったから知っているかな?

この映画をどうしてももう一回観たくて、色々捜していたんだけど、この前やっとネット.オークションで中古ビデオを見つけた。今日届いて、今DVDにダビングしているところ。今度、時間のある時にゆっくりと観るけど、同じ映画を観て、昔と今とで自分の感じ方がどう変化しているか、それとも変わらないか、どっちだろう?とっても楽しみ。
Commented by gogolotta at 2006-09-21 23:35
☆美由紀ちゃん
一緒に行ったのもずいぶんまえだね、懐かしい!
ほんとに鈴鹿が好きだな~。

☆YOさん
ほんとに、楽しい思いで作りましょうね!

☆shoお父さん
今年もお世話になります!
頑張って盛り上げましょうね。

「アルジャーノン」読み始めて早々にリタイアしました(爆)
懐かしい映画って、観れば観るほど新しい発見とか感動がありますよね。
by gogolotta | 2006-09-20 23:39 | F1こそわが命 | Comments(4)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る