フェルメールからの恋文

f0001378_18395640.jpgずっと前から行こう行こうと狙っていた、『アムステルダム国立美術館展』に行ってきました。
もうすぐ期間が終了するので、滑り込みセーフ(^-^;
実は、神戸には去年一昨年も来ているフェルメール。
どちらも見逃してしまい悔しかっただけに、喜びもひとしおです。
3年連続でフェルメールが見られるのも、世界的にもとても珍しいことだと思います。





むかーし昔訪れたウィーンでも、一昨年やってきた『絵画芸術』を観ているはずなのに、その頃はあまりフェルメールに興味がなかった私・・・。同じ旅の途中で訪れたルーブルも然り。
初めて意識を持って目の当たりにしたのは、2000年の大阪でした。
日本に初めてやってきた有名な『青いターバンの少女』や『天秤を持つ女』などの5点は、一大センセーショナルを巻き起こしました。現在確認されているフェルメールは、35点。真偽が確認されていないものも含め37点しかなく、門外不出の芸術品が日本にやってくるのは奇跡といっても過言ではありませんでした。
噂に違わぬ盛況ぶりで、1時間半待っての入場でしたが、その価値は十二分にありました。

フェルメールの、永遠を切り取ったかのような深遠な描写。レンブラントとは違った、光を際立たせる影を映し出す芸術性は、不思議と心が落ち着きます。
映画にもなった『青いターバンの少女』の潤んだ瞳と、僅かに開かれた唇はなんとも官能的。
すっかりフェルメールの虜になりました。
一昨年はロンドンのナショナルギャラリーでも観ることができたのは、思いがけない幸運でした。全然違う目的の旅だったので(笑)

今回やってきた『恋文』は、実は5年前にも名古屋で観た作品です。
この再会もまた、最高に幸せなひと時を過ごすことができました。
今度はいつフェルメールに会えるんだろうな~。そう思いながら美術館を出ると、夕焼けがあんまり綺麗なので泣きそうになりました(^-^;
f0001378_18404968.jpg



★嬉しい特典★
今回の展示会には、メールでのこんなサービスがありました。
自分のPCや携帯に、画像を送信できるのです!
これは願ってもない嬉しいサービス。すべての作品ではありませんでしたが、レンブラントとフェルメールをしっかりいただきました(^-^)
f0001378_20443012.jpg

[PR]
Commented by kuro at 2006-01-11 22:58 x
フェルメールの絵 って「写真的」な絵だねぇ。
その昔、写真は「光画」(光りの絵)と呼ばれていました。
自分も光や陰や空気を感じる写真が撮りたいっす。
Commented by gogolotta at 2006-01-11 23:32
☆kuroにぃ
フェルメールは確かに写真的ですよね。今回のもほんの一瞬の出来事を捕らえた絵なのでそう思いました。
kuroにぃの写真も、風が流れてるみたいで好きです(^-^)
Commented by Q at 2006-01-12 00:12 x
フィメールもレンブラントも好きな方は多いですよね。
残念ながら両方ともまだ目にしたことはありません(^^ゞ
昨年東京で開催されたドレスデン美術館展も
すごい人手だったようで、とても絵を観る環境じゃないと思うと
ついつい億劫になってしまって…
でも、長年憧れてた絵を直に観た時の感動は
なにものにも変えられないですよね(´。`)
Commented by gogolotta at 2006-01-12 00:25
『ドレスデン』もフェルメールでお客さんがすごかったようですね。
その時も今回も会場となった県立美術館は、金・土は夜の8時まで開館してるので夜は比較的空いてます。
ただただ溜息をつくばかり、うっとりします~♪
映画の『真珠の耳飾の少女』ならDVDで観られますよ!(^-^)
Commented by たむら at 2006-01-12 05:12 x
はじめまして。コメントありがとうございました。
1作品に1時間半待ちとは相変わらずフェルメールの人気はすごいですね。しかし日本にやってくるフェルメールは「さすが」と思わせる名作が多く、キュレーターのみなさんの努力に脱帽という感じです。
Commented by ゆーこ at 2006-01-12 11:14 x
フェルメール、私も一度見てみたいんだけどねぇ。
いつまでだろう?あとで調べてみよっと!!!
Commented by tetsu at 2006-01-12 11:39 x
私もフェルメール好きだな。
元々は谷川俊太郎の本の中で紹介されていたんで、そっから
興味持ったんだけどね。彼はこれらの絵にインスパイアされて、「定義」という詩集を出しています。

谷川俊太郎は画家の絵をテーマにした詩をたくさん書いていて、他には「ポール・クレーの絵による絵本のために」という連作もある。
これは全編ひらがなだけで書かれている詩だけど、むちゃ好きです。
Commented by gogolotta at 2006-01-12 14:28
☆たむらさん
いらっしゃいませ♪ 本当に素晴らしいキューレターの方たちの仕事ぶりで、感動しました。なかなかできないことですよね。それだけに並ぶ甲斐も十分ありました!
Commented by gogolotta at 2006-01-12 14:30
☆ゆーこちゃん
15日までだよ! 近くだし、明日にでも行ってみたら? 土日よりちょっとは空いてるよ。・・・たぶん。
Commented by gogolotta at 2006-01-12 14:32
☆tetsuにぃ
谷川俊太郎が? それは初めて知りました。今度読んでみよう。
私は『朝』が好きです。ネスカフェのCMにもなったやつ。
なかなか勉強になります!
Commented by ゆーこ at 2006-01-13 10:12 x
S先輩も年末に行ったんだって。
私が「フェルメールを見たいけど」って言ったら
「フェルメールは一枚だけだったよ」って言われたので、
多分行かないと思います。
フェルメールがメインのがきたら、それに行こうと思ってるよっ♪
Commented by gogolotta at 2006-01-13 20:10
☆ゆーこちゃん
フェルメールは一枚だけでも、来るのが難しい作品なので「メイン」なんだよ・・・(^-^;
Commented by at 2006-01-13 21:46 x
今日会社が引けて夕方に行きました。入場が17時だったんだけど平日の平日の日中よりも空いてて、ゆっくり観られて・・・わたくし、味をしめてしまいました・・・うふふ。金・土は20時まで空いてます。まだの方どうぞ。
Commented by ぽん at 2006-01-13 21:46 x
あら?「ぽ」だって。わたくし「ぽん」なのに(笑)
Commented by gogolotta at 2006-01-13 22:44
☆ぽんさま
夕方は昼間より空いてる! なるほど、それは良い手ですね。
仕事さえ早く引けたらな~。
「ぽ」でも可愛いですよ(^-^)
Commented by ゆーこ at 2006-01-14 11:54 x
ひょえ~~!そうなんやぁ。
全然しらんかった。来るだけでも難しいのか。ふむふむ。
Commented by gogolotta at 2006-01-15 00:39
☆ゆーこちゃん
実はそうなんです(笑) 明日で終わりだね。
by gogolotta | 2006-01-11 18:45 | 美術・音楽 | Comments(17)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る