花開く季節に

今日、仕事中に携帯に着信と留守電が・・・。

誰かと思って、ちょっとワクワクしながら見ると、なーんと!





・・・図書館からでした(^-^;

借りてる本の貸し出し期限、切れてたんだ(爆)
いそいそと読んだのが、これ

大人のための寓話というか、おとぎ話みたいで現実感のない小説。
かと思ったら、風刺的要素もある。

主人公は、戸籍も持たず、読み書きのできない男。
世間を知らずただテレビが好きな庭師が、ある女性との出会いをきっかけに、世界各国の要人やマスコミを騒がせていくんだけど。
ただひたすら、彼は淡々としてる。
どんな賛辞を受けようが、綺麗な女性に迫られようが(笑)
彼の静かな態度が、彼の周囲の騒ぎっぷりを余計に滑稽にうつしてます。
なかなかすんなり読めました。

「庭には成長にふさわしい季節があります。・・・ふさわしい季節が来れば、必ず花開くのが見られるのです」

小説の中では、経済の比喩にとらえましたが、これってどんな状況にもあてはまる言葉。
自分も頑張るぞ~!!

[PR]
by gogolotta | 2005-11-29 23:22 | 本の栞 | Comments(0)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る