プルーフ・オブ・マイライフ

今日は『プルーフ・オブ・マイライフ』を観てきました。
今年最初の映画です。





『恋に落ちたシェイクスピア』のジョン・マッデン監督と、グウィネス・パルトロウの作品。
天才数学者を父に持ち、自らも数学者を志すキャサリンと、彼女を見守り支えようとする父の教え子ハル。
父親が精神の病に侵され、大学を中退し看病をした彼女は、父親の死後抜け殻のようになってしまいます。自分も父親と同じように、精神が病んでいるのではないかと、大きな不安を抱えながら・・・。

実は、自分が正常であるかどうかなんて、とても難しい問題。
誰かに客観的に観てもらわなければ分からないのに、自分がそれを信じてなかったらどうしようもないものです。
キャサリンも、絶えず姉やハルの反応を気にしながら、焦りと苛立ちを隠せずにいました。
まるで自分を観ているような錯覚に陥ります(^-^;

ある「世紀の証明」を巡って、彼女とハル、姉のクレア、そして父親の愛情と信頼が試される時が来ます。証明のノートを「自分が書いた」と訴えるキャサリン。
数学者のハルや、妹が精神を病んでると疑うクレアには、どうしてもその言葉が信用できません。キャサリンは深く失望し、再び心を閉ざします。
彼女にとって、その数学の証明そのものよりも、自分が信頼されてるかどうかの方が、ずっと重要。それを得られなかった悲しみは、とても辛いものだったはず。

愛情と同じくらい、信頼というものは得難く、また尊いものです。
自分が信じた相手に同じように信じてもらえるか、また何より自分を信じられるかが、人生において、自分自身が存在する「証明」なのかもしれません。
映画のラストは、そんな気持ちで勇気付けられました。

人生の岐路に再び立たされたとき、私は誰と、どんな「証明」を解くのかな?
「リーマン予想」より人生って難しいですね。

f0001378_22311576.jpg

[PR]
Commented by at 2006-02-01 23:23 x
今日はレディースデイのうえに1stDayだから
うちの近所では女性は半額でしたよ。
ウソですが(笑)

さて、娯楽映画好きのQおやじはこの間
「フライトプラン」を観てきました。
良質の娯楽作品に仕上がっていてお薦めです(^。^)
Commented by shoichi at 2006-02-01 23:36 x
何だか、映画に限らず、そういうシリアスなモンとは最近トント縁がないね~。
認知症の人ってホントは幸せだって誰かが言っていたな。だって本人は自覚がないんだからね。回りは大変だけど...。オイラがボケたらちゃんと言ってね。“ボケてるよ”って。だって自分では分からないんでしょ?
あれ?何の話してるんだ?オレ。
Commented by gogolotta at 2006-02-02 23:27
☆Qにぃ
『フライトプラン』観たんですね。ジョディ・フォスターはいつまでも若々しい! 面白そうですね(^-^)
Commented by gogolotta at 2006-02-02 23:28
☆shoお父さん
ほんとに何の話をしてるんですか(笑)
ボケたらちゃんと言いますよ。だから信じてくださいね(爆)
まだそんな歳じゃないでしょ~~~!
Commented by Belle at 2006-02-02 23:38 x
Lottaちゃんも見に行ってきたのね。
私は昨日、『有頂天ホテル』見てきたよん。
次は『ミュンヘン』の予定。今年は頑張っていっぱい映画見るぞ!!

って、毎年言ってるような気がする・・・(笑)
Commented by gogolotta at 2006-02-02 23:52
☆Belleちゃん
観たよ~、よかった!! 三宮で見たけど、10人くらいしかお客さんがいなかった・・・。『有頂天ホテル』は満員だったのに。
次はね『天空の草原のナンサ』か『プライドと偏見』を先に観たい。
終わる前にね(^-^;
あと『ゾロ』も~!!
by gogolotta | 2006-02-01 22:33 | 映画おたく | Comments(6)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る