ヘアスプレー

f0001378_1102359.jpg

ものすっごく楽しみにしてた『ヘアスプレー』を観に行ってきました。
ほんとはちょっと前にやってたミュージカルを観たかったんだけど、逃してしまったので、これは絶対映画に期待!
テレビで石ちゃんが、アメリカでオーディションを受ける番組を観て、歌もキャラも楽しいな~と思ってました。
アメリカ映画は好きな映画が少ないけど、ミュージカルは好き!(笑)
f0001378_1103977.jpg

1960年代のアメリカ・ボルチモア。
女子高生のトレーシーは、大好きなローカル番組「コーニー・コリンズ・ショー」に出演するのが夢。
そこには、まさにアメリカな音楽とダンス、そしてイケメン揃い!
でも「かなり」ぽっちゃりのトレーシー。
両親に反対・・・というよりかなり心配されながらも、いざオーディションへ!
番組を仕切るベルマと、その娘でショーに出演し母親の力でセンターを陣取るアンバーに、バカにされてしまいますが・・・。

このベルマとアンバー母娘は、典型的アメリカ美人で、それを鼻にかける嫌な人たちに徹しています。
キャラクターが分かりやすいのもこの映画の特徴。
アンバーはショーのアイドルで、トレーシーの憧れの人リンクを付き合ってます(?)
一度は夢を諦めたトレーシーでしたが、得意のダンスをコーニーに認められ、レギュラーに決定。
婦人服店(Lサイズ専門)もモデルになり、一躍街の人気者になります。
そして、リンクにも急接近!
トレーシーの人生は、一気にバラ色に♪

・・・とまあ、ここまでは想像通りのよくある話です。
有頂天になる一方で、トレーシーが怒りを覚えるのが「人種差別」。
「コーニー・コリンズ・ショー」でも、いつもは白人だけが出演。
別に「ブラックデー」を設けて、黒人だけ出演させるのをやめようとせず、それさえもやめようとするベルマたち制作側。
高校で黒人の生徒と仲良くなった彼女は、彼らと「ブラックデー」MCのモーター達と、抗議デモに参加するのですが・・・。
当時のアメリカは、まだまだかなりの差別的で、地方都市では更に強い差別意識を持っていました。
その黒人たちのデモの先頭に立ったトレーシーは、警察に追われる身となってしまうのです。
「ミスヘアスプレーコンテスト」に出演するはずが、ベルマの差し金で警察が囲み会場に入ることもできなくなってしまいます。
仲間に手伝ってもらって、会場に入るとレーシー。
不正のおかげでアンバーが首位にたつコンテストで、驚く展開が始まります。
f0001378_110575.jpg

ほんとに楽しかった!
歌もノリノリ~♪
トレーシーの母親役には、たまげたね。
どこからみても「おばちゃん」!! しかもダンスが上手い。
さすがサタデーナイトフィーバー仕込み(笑)
外見のコンプレックスも跳ね除ける、トレーシーの強さとおおらかさ。
なにより偏見も取り除いた正義感が、世間の固定観念もふっとばす姿は拍手喝采。
今でもある人種差別。
私達日本人も差別される側です。
アフリカもアジアも、ぽっと出の未開の地アメリカにバカにされる筋合いはないぞ~。
そのアメリカの我儘で世界が迷惑してるのに。
だからトレーシーのような、世間から白い目で見られるのを覚悟して、勇気を出した人がいるんだなと、そのことがほっとします。
番組ホストのコーニーもそう。一度は逃げたリンクも。
それであの結末。
考えさせられながらも、最後まで楽しさは変わりませんでしたね。
一番心に残ったのは、デモで歌う歌。
じーんと沁み入りました。

まだまだ楽しい要素はたくさんあります。
変な店をやるトレーシーのお父さん、親友のペニー。
あのベルマ、見たことあると思ったら、ミシュル・ファイファーだったなんて。え~!

この映画で、元気になりますよ!
[PR]
Commented by shoichi at 2007-11-02 13:38 x
確かにアメリカ映画でも、古くはプレスリー物なんかを含めた音楽主体のこの手の映画は理屈抜きに楽しめるよね。“アメリカン グラフィティ”なんて傑作だし。
反面、ヨーロッパはこういう映画、不得手だね。

今日は録画していた“敦煌”を初めて観た。あの井上靖原作のやつね。もう20年も前の映画。で、結果はイマイチだった。最近、家で観る映画は全部ハズレ。

それにしてもなんて時間にカキコしてんの!
Commented by shoichi at 2007-11-03 10:17 x
あのおばさん、トラボルタ?! たまげた。
Commented by 冨田 弘嗣 at 2007-11-03 16:37 x
ご無沙汰しています。トラックバック、ありがとうございます。私はあまりミュージカルを観る前はテンションが高くないのですが、観はじめて5分後にはとんでもないテンションに身がおかれていました。こんなに元気にしてくれる映画がいま観られたことに感謝しました。映画っていいな、そんな気分が抜けず、この日は朝まで起きていた次第。それくらい素晴らしい。  冨田弘嗣
Commented by ジョー at 2007-11-03 18:39 x
こんばんは。
ミッシェル・ファイファーってすっかりいじわるおばさんが板についてきましたね。
昔は恋愛映画の主役を張ってたのに。
でも、映画は楽しかったら、いいか。
Commented by Yong-suk at 2007-11-04 03:48 x
元気にしてるよ(●^o^●)
子育てでチョット忙しいけどね♪
この映画、見たかったんだー!
今度、レンタルで借りてみるわん☆
Commented by gogolotta at 2007-11-04 09:18
☆shoお父さん
アメリカのミュージカル映画は秀逸ですね。
ぐっと惹き込まれます。アメリカ映画の唯一の得手かな(笑)

☆冨田さま
こちらこそご無沙汰してます。TBありがとうございました。
つかみからいいですよね。
観ながらノリノリになってしまいました。
テンションあがりましたよ!
映画って素晴らしいですね。

☆ジョーさん
こんちには!
どっかで観たことあるんんだよな~、と思いつつ、最後にミシェル・ファイファーと分かったときはびっくりしました。
彼女の恋愛映画、観てたので余計に驚きです(笑)

☆マダムYong-Suk
元気でよかった。育児がんばってね。
また会いたいよ♪
ぜひ観てね。元気になれるよ!!

Commented by moriyuh at 2007-11-05 22:40 x
こんばんは。TBありがとうございます。
私もTBさせていただきました。

全体的には楽しい作品でしたね。

>トレーシーのような、世間から白い目で見られるのを覚悟して、勇気を出した人がいるんだなと、そのことがほっとします。
番組ホストのコーニーもそう。一度は逃げたリンクも。
それであの結末。
考えさせられながらも、最後まで楽しさは変わりませんでしたね。
一番心に残ったのは、デモで歌う歌。

実際には重い問題を、このように歌を交えるとスッと入ってくる…。大切な表現方法だと感じます。一方的に訴えても、拒否されることが多いですよね…。この作品を観て非常に勉強になったと、今更ながらに思います。
Commented by gogolotta at 2007-11-06 22:04
☆moriyuhさま
こんにちは!
TBありがとうございました。
元気にもしんみりにもなれる映画でしたね。
気持ちが、すとんと入っていける内容でした。
勉強になりますね!
Commented by David Gilmour at 2008-10-15 23:30 x
こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですよね、「新興国」のアメリカに、日本を含めたアジアが差別されているのかもしれませんよね。

デモ行進の歌、よかったですよね。ゴスペル風というか、あのブルース、感動してしまいました。

それでは、またよしくです。
Commented by gogolotta at 2008-10-15 23:37
☆Davidさま
こんばんは。
こちらこそありがとうございます!
アメリカでも差別・・・根強いんだなー。根深いんだなー。と楽しかった中でも、考えさせられる部分もありました。
あのデモ行進は感動しましたね!

こちらこそよろしくお願いします。
映画ブログを立ち上げましたので、お暇なときにご覧いただけると嬉しいです。↓
http://gogolotta.blog110.fc2.com/
by gogolotta | 2007-11-02 00:58 | 映画おたく | Comments(10)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る