東京ぶらぶら日記 6

最終日は、ゆっくり起きてホテルをチェックアウト。
前日泊まったホテルが良すぎて、今回のホテルはいまいちに感じました。
まあ、ビジネスホテルはこんなものかもしれないけど(^-^;
場所は隣の隣くらいなんですけどね。換気扇のスイッチがどこにもなく、ずーっと回ったままで乾燥しました。

さて、大井町の『バーガーキング』で朝ごはん♪
ハワイで「一番美味しかった食事」というのが頭にあったので、関東しかないのが残念・・・。
ここまで来たら一度は行こうと思ってました(笑)
この店はまだできたばかりのようで、お客さんが並んでました。
場所柄、家族連れがいっぱいだ~。
「チーズベーコンワッパー」をミールで注文。
ミールって何のことかと思ったら、セットのことなんですね。
オレンジジュースとオニオンリングを選びました。
パテは直火で焼いたんだという炭の香りがしました。
肉の味もちゃんとするし、美味しかったのに日本は一度撤退してるんですよね。
オニオンリングもカリッとしてるし、量も結構ありました。
決して安くはないから、ファーストフードって感じもしないけど、ジャンクな感じもそんなになかったです。
早く関西にも来ないかな~。

f0001378_1272035.jpg


最後の最後に、『アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展』を観る目的を果たすため、乃木坂へ移動。ちょっとだけ東京の電車の乗り換えも慣れてきたかな。
「乃木坂」って名前から、どうしても乃木将軍を思いだすんですけど、近くに彼を祀った乃木神社があるからその名がついたんでしょうね。

f0001378_1274374.jpg

新しくできた国立新美術館は、内部も割と広々作られていて、開放的な印象を受けました。
混んでるかと思ったら、並ばずにすんなに入れました。
『ダ・ヴィンチ』ほどじゃないのかな?
でもやっぱり人が多くて、絵画が見えないのには変わりなく(-_-+
お願いだから、そんなに近寄って観ないで!
混雑するに決まってるんだから、柵を作ったりすればいいのに。

うんざりもするし、結構暗い絵ばかりであんまり興味もないし、すっ飛ばしました。
お陰でレンブラント見逃したっ!(>_<)

お目当てのフェルメールの前もすごい人・・・。
背伸びしたり苦労しながら眺めました。
いいな~、フェルメール。
オランダの画家といえば、フェルメールとレンブラントが好きなんですが、ふたりとも光と影の描き方がすごいんですよね。
寡作のフェルメールは、日本に来たものは全部観たかな。
大阪の1時間半まちより空いててよかったです。

f0001378_1281468.jpg

ポストカードを買って早々に美術館を後にしました。
お昼を食べようとタイ料理を探すものの、どうやら行ってみたかったところが潰れたらしく見当たらないので、違うタイレストランに行ったんですが・・・。
はっきり言って美味しくなかった~!
高いだけで、なんか味がしない。
サラダとデザートはバイキング形式で、メインはバジルと鶏の炒め物、トムヤムクンは辛いだけ。
やっぱりあれが一番だよね。
誰か今度行こうよ。

f0001378_1283852.jpg


f0001378_1285142.jpg


f0001378_129761.jpg


f0001378_1293996.jpg

イマイチなお昼の後は、適当にデパ地下見たりしながら時間を潰し、8時15分の便に乗るために早々に羽田に移動。
屋上でぼーっと飛行機を見てると、前と同じ時間でもこんなに違うんだなと気が着きました。
冬だな~。

f0001378_12102627.jpg


f0001378_12104144.jpg

8時15分の便で東京を後にしました。
会えた皆さん、また遊んでください。
会えなかった皆さんも、今度は会いましょうね。
だんだん東京が好きになってきました。
今度は、春の『東山魁夷生誕100年記念の展覧会』ですね♪
映画も絵画も、関西よりも東京に行っちゃうんだもん。

東京日記はもう一回続きます。



今回のフェルメールの作品『牛乳を注ぐ女』は。アムステルダム国立美術館の所蔵作品です。
彼の作品は、世界中でも36点しかないと言われています。
それが、来年東京にやってきます!
しかも6点も~!! これは事件です。
場所は、以前『画家のアトリエ』が公開された上野の東京都美術館で、来年8月から公開になります。
(あれも神戸に来たから、そういや行ったっけ)
これも絶対! 行かなきゃ~。

ちなみに、今までに目の前で見たフェルメール作品。
『画家のアトリエ』はウィーン美術史美術館と神戸市立博物館で、『レースを編む女』『天文学者』はルーブル美術館観た(はず)。
ロンドンのナショナルギャラリーでは、『ヴァージナルの前に立つ女』と『ヴァージナルの前に座る女』を観に行ったし、兵庫県立美術館ではアムステルダム国立美術館から『恋文』(これは愛知県立美術館にも来てました)を、大阪市立美術館ではおそらく一番有名なマウリッツハイス美術館所蔵の『真珠の耳飾の少女』(『青いターバンの少女』)、『天秤を持つ女』(ワリントンナショナルギャラリー蔵)『聖プラクセデス』(ニューヨークの個人蔵)『地理学者』(シュテーデル美術館蔵)『リュートを調弦する女』(メトロポリタン美術館蔵)と・・・あれ? 5点もきてた(爆)
今度は、前に日本に来たもの4点もありますが、『ワイングラスを持つ娘』(ベルリン絵画館蔵)『小路』(アムステルダム国立美術館蔵)が本邦初公開になるそうです。
ここの学芸員、いい仕事したな~。
[PR]
Commented by YUKO at 2007-12-03 09:40 x
バーガーキング、NZでMちゃんと一緒に食べたなぁ!
懐かしいわ~~~。
Mちゃんとお出かけ中、ロッタちゃんは別行動だったよねー(笑)

ハワイのハンバーガー屋さん、
テディーズビガーバーガーってお店が美味しいよ!
注文してから、網の上でハンバーグを焼いてくれるので、
めっちゃジューシー&香ばしくてウマイ!
ハワイに行ったらお試しあれ~♪
Commented by gogolotta at 2007-12-03 22:54
☆YUKOちゃん
NZで? 別行動??

ああーっ!! そんなことすっかり忘れてたよ(汗)
そういえばそんなことあったっけな・・・(遠い目)
オークランドの目の前の、何とかという島に行っておりましたわ。
Commented by soleiljap at 2008-12-08 10:49
gogolottaさん、こんにちは。TBありがとうございます。
昨年果たせなかったフェルメールの「牛乳を注ぐ女」。ごらんになられたのですね。いかがでしたか。
もう、オランダへ行くしかないかしら・・・。フェルメールの作品は30点なので、生きている間に踏破したいものです。。
こちらからもTBいただきました。
Commented by gogolotta at 2008-12-08 23:23
☆soleiljapさん
こんにちは! ご無沙汰しています。こちらこそコメント、TBありがとうございます♪
去年、遠方からでも行った甲斐がありました。これが日本に来るとは正直思ってなかったので・・・。
大阪で「真珠の耳飾りの少女」を観たとき以来の感動でした。
でも今回ほどの行列はなく、意外にすんなり入場できました。
私もまだ観ぬフェルメールを観に、旅してみたいものです。
最近は日本に頻繁に来るので、待っていれば残りの作品も会えるかな~(笑)
そして、来年も東京にやってきますね! ルーブルから。
また行く計画を練ろうと思ってます。
by gogolotta | 2007-12-02 12:06 | お散歩日和 | Comments(4)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る