タロットカード殺人事件

映画の日だったので、『4分間のピアニスト』の後に、大好きなウッディ・アレンの最新作『タロットカード殺人事件』を観ました。
次回作も一緒に出てるらしいです。
主演のスカーレット・ヨハンソンは、前作『マッチポイント』に続いての出演でした。
次回作も一緒に出てるらしいです。
女子大生には無理があるんじゃ・・・と最初は思いましたが、最後は気にならなくなりました(笑)
今回もロンドンが舞台でしたが、前作とは違って(元に戻って)監督も出てるし、コメディだったので最後まで楽しめました♪
これぞお洒落で上質ななミステリー!

f0001378_22363662.jpg

夏休みを利用して、イギリスの上流階級の友人の家に滞在している、アメリカ人の女子大生サンドラは、友人とともにいったマジックショーで幽霊と出会います。
魔術師(怪しい・・・)のスプレンディーニに、「人を消すマジック」で選ばれて箱の中に入ると、突然男が現れます。
先日死んだ、有名記者のジョー・・・幽霊?
彼が告げたのは、ロンドン中を震撼させている『タロットカード殺人事件』の犯人の名前。
現代の切り裂きジャックともいえる、連続殺人犯が貴族の御曹司ピーター!?

とっておきのスクープを手にしたサンドラは、ジャーナリスト志望で俄然張り切ります。
魔術師スプレンディーニことシドニーを巻き添えに、突然現れるジョーの「お告げ」を借りながら、ピーターの周辺を探るふたり。
この事件の鍵は、黒髪の娼婦が犠牲になることと、現場に残される一枚のタロットカード。
犯人と疑いつつも、ピーターの魅力にすっかりメロメロのサンドラは、無事に事件を解決できるのか?
本当にピーターが犯人!?

サンドラ役のスカーレット・ヨハンソンの、おちゃめでコケテッシュな魅力全開!
ウッディ・アレンとのやりとりが面白いです。
いいコンビだわ~。
犯人探しをしてるのに、いろんな騒動を起こす様子が飽きさせず笑わせてくれます。
アメリカ人のいわか探偵コンビと、格式あるイギリス社会の違いもエピソードとして随所に盛り込んであります。
ミステリーの要素もしっかりあって、世界に入り込んじゃいました。
現代でもれっきとした階級社会のイギリスのお貴族さまが登場ってだけで、私はどきどきします(何に)。
やっぱりウッディ・アレンは天才♪

f0001378_2237456.jpg

[PR]
Commented by ジョー at 2007-12-08 19:49 x
こんばんは。
ウディ・アレンはあきらかに監督と女優以上のものを
スカーレット・ヨハンソンに感じている、というのは
考えすぎですか。
でも、そう思ってみるとこの映画も、おもしろいだけでなく、
ちょっとうら寂しい部分もあってなかなか楽しめます。
Commented by gogolotta at 2007-12-08 21:30
☆ジョーさん
こんばんは!
言われてみると・・・確かに思います!
そうそう、ちょっと切ないところもコメディになってますね(笑)
Commented at 2007-12-20 20:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by gogolotta | 2007-12-07 22:34 | 映画おたく | Comments(3)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る