バンコク日記。~第3日目~

最終回です。ここまでずいぶん引っ張りましたね~。
3日目の朝も早かった・・・。前夜は船を降りたのが10時過ぎ、それからホテルに戻って急いで荷造りして寝なくちゃ。
だって朝7時に全員、朝食を取るレストランに集合、着席!
しかもチェックアウトを各自済ませること。

・・・正気?(--;

また7時50分出発だって。
どうして朝食までも全員揃って食べなくちゃならないの~。
もちろんここは一般のお客さんも一緒。
着席したままごはんを取りに行くでもない60人を、周囲は怪訝そうに(迷惑そうに 爆)じろじろ見ていきました。
恥ずかしいです、とっても。
こっちもお腹が空いて苛々するし、遅刻する人がいたり、実は社長が常駐してるホテルからやってくるのを待つためだと知ったりで、もう爆発寸前っ!(>_<)
高級ホテルでいい歳した大人たちに、何させるのさ~・・・。
みんな揃って「手を合わせていただきます」?
7時も20分を回ったところで、ようやく社長のお出まし。
まっしぐらにオムレツに並びました(笑) もちろんいっちばーん。
f0001378_2341396.jpg

もっとゆっくり食べようと思ったのに、さらに急ぐ羽目になるとはとっても口惜しいです。
こんな良いホテル、自分ではなかなか泊まれないのに。旅で一番美味しいごはんだったのに。

社員旅行では「勉強するもの」というのが会社の方針で、今回は子会社を見学しようというのがメインだったりします。
タイには生産拠点であるところに加え、最近新会社が設立されました。
チョンブリ県とラヨーン県にあります。
一日かけて見学ツアーです。とほほ。
バンコクからチョンブリまでは車で1時間半。うちの会社の駐在員もみんなバンコクに住んでます。
国内最大の工場団地に工場兼社屋があり、最盛期はおよそ1000人が働いていましたが今は半分にしようとする最中でした。
それでも規模は本社である日本を大きく上回る・・・だから、態度もね・・・(爆)
会社に着くと、またしても玄関先からずらりとお出迎え!
お茶まで出してくれました。見学後にも冷たい水とおしぼりのサービス。(うちはようやらんで~)
この工業団地、世界中から400社を超える企業が工場を構え、うち半分以上は日系です。窓の外にはゴルフ場も見えました。
やけに高いゴルフ場なんだそうですよ~。
説明を聞きながら工場を見ても、何がなにやらさっぱり分からないし、広い場内を半分歩くだけでへとへとです。
でも、ここでは同じ総務として社長のお世話をするN女史に挨拶するという重要任務があるのです。
ファクシミリと電話でしかやり取りしたことがなかったので、これは良い機会です。
顔を売っておくと、必ず後で仕事がやり易くなるというもの(^^)v 

ひとつめの見学が終わってお昼です。
チョンブリのホテルに向かうのですが・・・バスで寝てると誰かが、

「道が違うぞ」

という声で目が覚めました。道が違う!?
なんとバスの運転手、どんどん行き過ぎてたんですね。
ガイドも添乗員も寝てるし、10年駐在してた人が同乗してなかったら、いつ着けたか分かったものじゃありません。
しっかりしてください~。
先に着いてる人達をかなり待たせたみたいで、特に社長がいたくご立腹だったと聞かされました。

最後のタイ料理ブッフェ。
顔なじみの駐在員たちに「良く食べるな~」と大笑いされましたが、自分としてはそんなに量を食べてないと思いますっ!
f0001378_235032.jpg

f0001378_2353164.jpg

f0001378_2355373.jpg

ラヨーンの工場は更に南下、どんどん田舎にやってきます。
ぞうさんもいました。
f0001378_2362234.jpg

ここでもう1台のバスに事件発生。
ハイウェイで、警察にスピード違反の罰金を徴収~。でも300バーツ。
90キロ制限でも規則は緩いタイ。でも明らかに外国人観光客が乗ってるバスには、罰金稼ぎに頻繁に止められるという話を聞いたところの出来事でした。

機械がまだ4台しかない新工場の話は、特にありません。
ここでN女史とはお別れ。
なかなか会う機会はないけど、また文書でのやりとりを頻繁にするし(笑)
挨拶に行くと手を握って応えてくれました。

「私、なかなか厳しいけど、ほんとに甘くないけどこれからもよろしくね!」

「大丈夫です。私も全然甘くないですから」

・・・さて、どっちがどっちのセリフでしょう。
帰国してから同僚に話すと、「空港で真っ先に社内で一番怖い人を手なずけ、今度はタイでも・・・。女って怖~い」ってどん引きされましたが。はて?(・_・)

旅の最後は、宿泊ホテルに戻って中華ディナー。
f0001378_2382839.jpg

f0001378_2372153.jpg

ここでも冷や汗ものの話ばかりされ、ちょっとはおとなしくなろうと思った私です(爆)
(食べる手は止まらない)
f0001378_2374683.jpg

f0001378_238698.jpg

北京ダックとデザートのメロン入りココナッツミルクが美味しかった♪

空港で穴場の美味しいコーヒーを飲んで、ちょっと買い物をして、定刻23:00より少し早く無事に大阪へ飛び立ちました。
f0001378_2385646.jpg

早朝から塩っからいキッシュのごはんを食べ、さすがの私もヨーグルトを残すほどぐったり疲れてお疲れ様。

まさか、帰国した翌朝にあんなニュースが待ってるとは思いもせず。
一日ずれていたら、私達も確実にあの空港閉鎖に巻き込まれていました。
本当に運が良かった!
昨日観た風景が、テレビの向こうですっかり様変わりしているのはなんとも複雑な気分です。
会社でもみんなで「よかったね~」と言い合っていました。
でも、男性と女性では面白い程『良かったこと』がくっきり違う(笑)

もしもまだ帰国できていなかったら―。

「取引先のラインを全て止めてしまうところだった」

仕事のことで頭がいっぱいの男性に対し、

「無事帰ってこられてほっとした。空港で寝るのなんか嫌だ」

女性達は、身の安全を真っ先に考えるのですよ(^^;
誰ひとりとして会社のことなんか考えてません・・・。
社長が遅れて帰ってくる予定だったので、巻き込まれてしまい、業務でトラブルもあったんですが、なんとか大きくならずに済みました。(今になると、会社存亡の危機になりかねなかったと思います)
その閉鎖もようやく解除されました。まったく世の中何が起こるか予測できません。

これにてバンコク日記、終了です。



頼まれもののお土産おありますが。

これ、思いっきり日本語で書いてますがたぶんタイにしかないよ~。
(ぞうさんは、私の新しい「家族」の仲間入りしたジムです。ジム・トンプソンのだから今考えた 爆)
f0001378_2392010.jpg

タイに来たら、やっぱりカップラーメンでしょ。
f0001378_2394883.jpg


これはおかゆでした。海老の顔が笑える。
f0001378_2310210.jpg

うちで大活躍予定の調味料。
ナンプラー、スウィートチリソース、ピーナッツソースです。
f0001378_23101524.jpg

[PR]
Commented by shoichi at 2008-12-06 21:59 x
>社員旅行では「勉強するもの」
はあ、なるほどね。オレが社長だったらそう思うかも。でも旅行は旅行。楽しまなくっちゃね~。研修じゃないんだから。
なんにせよ、大変なバンコクだったね。お疲れさまでした。
Commented by gogolotta at 2008-12-07 01:02
☆shoお父さん
ありがとうございます。
「慰安旅行」だったら分かるけど、休みを返上して仕事と思え、ってそれはないんじゃないのい? と。
修学旅行は遊ぶ為にあるんじゃない、という高校を卒業しましたがそういう運命にあるのかしらん。
by gogolotta | 2008-12-05 22:58 | 旅行記 | Comments(2)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る