カテゴリ:本の栞( 97 )

読書日記。

『プリンセス・トヨトミ』 万城目 学

『馳走満載関西の食を彩る味の名匠 volume1』  西村 晶子



『ダーリンは外国人 1、2、with BABY』  

『かんたん!勝負ごはん』 

『めづめづ和文化研究所京都』   小栗 左多里

『母に習えばウマウマごはん』



『三匹のおっさん』 有川 浩
[PR]
by gogolotta | 2010-01-18 20:29 | 本の栞

読書日記。

『おもしろいよ、アジアの調味料は』    ハギワラ トシコ , 平松 洋子

『ジョーカー・ゲーム』  柳 広司

『聖女の救済』   東野 圭吾

『おいしい暮らしのめっけもん』  平松 洋子

『味 天皇の料理番が語る昭和』  秋山 徳蔵

『パパは楽しい躁うつ病』  北 杜夫 ,  斎藤 由香
[PR]
by gogolotta | 2009-12-22 11:32 | 本の栞

読書日記。

『ガリレオの苦悩』       東野 圭吾

『アジアのごはんがおいしい理由』  

『アジアひとさじのチカラ いいものみつけた』   平松 洋子

『旅で恋に落ちる瞬間』     

『ジェネラル・ルージュの伝説』    海堂 尊

『やんごとなき読者』    アラン・ベネット
[PR]
by gogolotta | 2009-12-12 07:58 | 本の栞

読書日記。

『告白』      湊 かなえ

『1950年のバックトス』   
                       北村 薫
『紙魚家崩壊九つの謎』

『彼女について』      よしもと ばなな

『ガリレオの苦悩』     東野 圭吾

『神戸新聞の100日』   神戸新聞社



先日、あるマンガの新刊を読んでたら、「サッポロ一番 みそラーメン」がどうしても食べたくなってしまいました(^^;
野菜いっぱいのインスタントラーメン。
たまに無性に恋しくなる味。
ファストフードだって、マクドよりロッテリアの方が美味しいと思うのに、あのジャンクな味を思い出すと、駆け込んでしまう不思議・・・。
一度食べたら、当分はいいけど(笑)

それにしても、マンガも美味しいものいっぱいのやつが好きな私。どんだけ食いしん坊なんだ~。

『神戸新聞の100日』という本は、来年ジャニーズの某くんが主演するドラマの元になった本です。
[PR]
by gogolotta | 2009-11-14 14:41 | 本の栞

読書日記

『消せない告白』        村山 由佳

『おんなのひとりごはん』  平松 洋子

『図書館内乱』
『図書館危機』        有川 浩
『図書館革命』 

『のぶカンタービレ』     辻井 いつ子
[PR]
by gogolotta | 2009-11-04 07:07 | 本の栞

読書日記。

『イノセント・ゲリラの祝祭』 海堂 尊

『いっちばん』
            畠中 恵
『ぬしさんへ』

『私の手料理』    瀬戸口 しおり

『乾物のおかず』   村上 祥子

『砂冥宮』      内田 康夫

『手からこころへ』  辰巳 芳子

『海の底』       有川 浩

f0001378_1522179.jpg

[PR]
by gogolotta | 2009-09-26 23:49 | 本の栞

読書日記。

『塩の街』    有川 浩

『ねこのばば』  畠中 恵

『明日の約束』  村山 由佳

『きりこについて』 西 加奈子

『新・垂里冴子のお見合いと推理』    山口 達也

『平野 由希子のおつまみノート』
[PR]
by gogolotta | 2009-08-19 23:40 | 本の栞

読書日記。

『ホノカアボーイ』          吉田 玲雄

『別冊 図書館戦争 Ⅰ・Ⅱ』   有川 浩

『面白南極料理人』         西村 淳

『おいしい日常』           平松 洋子


f0001378_10492194.jpg

[PR]
by gogolotta | 2009-08-01 10:44 | 本の栞

直木賞

大好きな作家、北村薫氏が『鷺と雪』で直木賞を受賞しました。
まだこの本は読んでないけど、「ベッキーさんシリーズ」の完結編なので近々読む予定。
このシリーズも面白くて好きだったのに、終わっちゃうんだ(涙)
円紫さんシリーズ、覆面作家シリーズも大好き。
『冬のオペラ』も何度も読んだし、『ターン』や『スキップ』等の時空三部作(?)も面白い。
国語の先生をしていたそうで、文章が綺麗だし、殺人のないミステリは心が温まる話がたくさん。
日常に潜んだ謎解きが新鮮で古風。
この「ベッキーさん」シリーズも、少し昔の設定で、令嬢とその家の女性運転手「ベッキーさん」のお話。

その昔は自身が「覆面作家」で絶対女性が書いてると思われてました。
そういう優しい言葉を遣う人です。
ぜひ読んでみてください。

直木賞だから読む、ということはしないけど、ずっと好きで読んでた作家が受賞するのはなんだか嬉しい。
よかったな~と思います。
この賞って、受賞が決まった直後にすぐに会見できるように、当日の夜に東京(数寄屋橋周辺?)にいないといけないという決まりがあるというウワサ。
その日は日本にいません、なんて言っただけで賞を逃すというのは本当なのかな(笑)
[PR]
by gogolotta | 2009-07-15 22:58 | 本の栞 | Comments(2)

読書日記。

『有頂天家族』    森見 登美彦

『みぃ~つけた』
             畠中 恵
『おまけのこ』

『図書館戦争』    有川 浩

『初恋』         中原 みすず
[PR]
by gogolotta | 2009-07-11 14:38 | 本の栞

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る