カテゴリ:旅行記( 65 )

2004 イギリス珍道中記 その1

5年前、初めて勤めた会社を辞めて実家に戻っていたので、当日は名古屋から成田まで飛行機を利用しました。
小牧にある今では古い方となった名古屋空港から、ドラマでしか観たことのない成田。
11時ちょうどのフライトに合わせて、旅の連れであるT兄さんとEちゃんと待ち合わせていました。
北ウイングって、中森明菜の歌だね~(古)
おっさん真っ只中のT兄さんと、同い歳のEちゃん。
前日まで結局プランは煮詰まらず、行き当たりばったりの珍道中の始まりです。

私が日本で用意していたのは、イギリスの『個人旅行』とイタリアの『地球の歩き方』、それに英・伊・独の『とっさのひとこと』。(ロンドンの地図は現地で購入したもの↓)
ロンドンからイタリアに飛んで、ある場所に行こうと前々から3人で話をしていました。ホテルも飛行機も取ってなかったのに、本気の本気でしたね(笑)
それまでのやり取りで、どうやら語学は自分に掛かってるというプレッシャーからこんな本まで揃えました。高かったっ!
ドイツへは、ひとりでイタリアからミュンヘンに住んでいる友達に会いに行こうとしていたから。
まだ一度も会ったことがないけど、FAXで毎日のようにやり取りをしていた「シューマニア仲間」。
イタリアからドイツに向かう列車の切符を、B兄さんの家に送ってもらうよう事前に頼んでおきました。
f0001378_1555489.jpgf0001378_1556874.jpg


雨が降っていた名古屋から着いたのは、国際線で利用するのとは違う第1ターミナル。
当日の成田の天気は曇り。フライトの2時間前に長蛇の列だったカウンターに並びます。
前日に詰め終わったスーツケースは、これ以上ないくらい重くなっていました・・・。
お分かりですか? エコノミークラスの重量制限は25kg。3人合わせても75kg。
チェックインの時に航空会社カウンターのメーターは、なんと32kgを指していました(爆)
よくもこんなに重い荷物を運べたわ、私。
実はB兄さんに頼まれた日本の物は全て、無職だった私が買い込んでいました。
重くてある意味当然といえます。だってマヨネーズも本数が多ければ重いでしょ(笑)
他のふたりのスーツケースに入れ替えようと、私のを開けようとしましたが、これがどう頑張っても開かない!
順番にこじ開けようとしてもダメ。
宥めてもすかしても開かないものは開かな~い(T_T)
どうやら無理矢理閉めたのがいけなかったようです。
ヴァージン・アトランティックのお姉さんは、能面のような顔で「荷物を減らさないと罰金」と連呼するばかり。
6万も払えるか~!(>_<)
余裕のチェックインだったはずなのに、どんどん搭乗時刻は迫っていきます。
ここで散々揉めました。1時間以上の抗議の挙句、最後にはフライト時刻が近づいてきたので、向こうが折れて罰金もなく通してくれました。
日本人アテンダントなのに、全く愛想のかけらもないお姉さんでしたわ。
「手荷物も重量を測る」と言われてEちゃんはバッグに入れていたマヨネーズを泣く泣くゴミ箱に捨ててましたが、そんなものは結局なかったし(爆)
チェックインの後にあるミッションを受けるため、T御大と待ち合わせてたのにすっかり待たせてしまうし。
なんとも幸先の悪いスタートとなってしまいました。

そしてなんと、旅行中何度も飛行機を利用することになりましたが、バゲッジトラブルは毎回起こり、他にもいろんなトラブルに見舞われてしまう3人なのです・・・。

約12時間のフライト中は、決して快適とはいえませんでした。
朝の出来事で相当疲れ、何を食べたかも覚えていないくらい。
Eちゃんが隣にいて、T兄さんは前の席に座っていました。
アメニティグッズは充実してた気もしますが、飛行機ではあまり寝付けないし、ちっちゃい私でも狭いと思ったくらい窮屈なシートでした。
寝られないので『トスカーナの休日』を吹き替えで観たと思います。吹き替えは不満だけど、面白い映画でした。各シートにテレビがついてるのは嬉しい。
そんな疲れも、ロンドン・ヒースロー空港に着いたら忘れてしまいました。
B兄さんと一緒に迎えに来てくれたのは、当時ロンドンに留学中だったKちゃん。Eちゃんや私と同い歳。久しぶりの再会。
ふたりの顔を見たらほっとしましたよ~。

ヒースローから大渋滞の末にB兄さんの家に着くと、これまたびっくり。
ロンドン郊外の閑静な住宅街にある、とーっても素敵な一軒家♪
これぞイギリスって感じ~!
大いにテンションの上がる3人。なんとそれぞれに個室まで。この家の子になりたーい(笑)
おうちではB兄さんの奥さまと、たーくさんのオードブルが迎えてくれました~(^^)
とっても綺麗な夕日を(時々 爆)眺めながら、ビールを一杯♪
イギリスに来てよかった~!
f0001378_15583762.jpg

その後、日本やイギリスの琢磨ファンとチャイニーズレストランで夕食を食べ、ベッドに入ったのは午前1時でした。

そうそう。開かずの鞄は男性陣が試行錯誤の末に開けてくれました。
・・・こじ開けたので、もう二度と使えなくなったけど(^^;

f0001378_16102613.jpg


裏ミッション(爆)のこと。
[PR]
by gogolotta | 2009-06-14 15:52 | 旅行記 | Comments(4)

あれから5年。まえがきに変えて

先日、blogのコメントでふと思い出したことがありました。
あのイギリス旅行からもう5年。
行ったことすらも夢じゃないかと思うような、ヨーロッパでの濃~い3週間!
あれを珍道中と言わずして・・・と思うことしきりの初・海外F1GP。
なんだかとても懐かしくなったので、ちょっとずつここで思い出を綴っていこうと思います。
しばらくお付き合いいただけると、嬉しいです(^^)

f0001378_2225197.jpg


☆ホントに長いまえがき☆
[PR]
by gogolotta | 2009-06-13 21:45 | 旅行記 | Comments(5)

奈良日帰り日記。 ~その4 茶論と珈琲とおばんざい~

倭は 国のまほろば 
  たたなづく 青垣 山こもれる 倭しうるわし



ひたすら歩く時間が長いのは気のせいか・・・。
こんな素敵なところでお茶にしました♪
f0001378_210473.jpg

大きな洋館のお庭でティータイム、という風情のカフェ。
こういう暖かい日は外の方がいいですね。
f0001378_2104642.jpg

つきないお喋りとともに楽しむアールグレイ、美味しかったです。
f0001378_2132196.jpg

せかせか、ちゃかちゃかな3人でものんびりと優雅になった気分。
f0001378_2102765.jpg

ここのコーヒーが美味しいということで、豆を卸してるコーヒー屋さんにS姉さんが行きたいといいので、そこからまた歩きます。
そんなに遠くはないものの、住宅街の中にあるので分かりにくいといえばそうかも。
3人の中で、地図が読めるのは私だけの模様(笑)
そんなにふたりとも方向音痴だったっけ!?
f0001378_213391.jpg

味のあるおじいちゃんがひとりでやっているお店のよう。
パイプに帽子が似合いそうな素敵なおじいちゃん。ノスタルジックな店内いっぱいに、コーヒーの良い香りが満ちてます。
飲めないけど、コーヒーの香りは好きだな~。
そういえば「モカが輸入できなくなった」というニュースを以前聞きましたが、ここでもメニューが消されていました。ほんとだったのね。

奈良には寺院だけでなく素敵なお店がいっぱいあります。
これもカフェか何か? 古くもあり新しくもあり。リノベーションというのでしょうか(左の白い建物)
「空気ケーキ」や、商品にやたらと「空気」とつくお菓子屋さんも美味しそうだった!
ちょっと高いしイートインスペースも狭いけど、今度食べてみたい。

f0001378_2132492.jpgf0001378_2133944.jpg


奈良ホテルをS姉さんが見てみたいというので、ちょっと寄り道。
こんなクラシックなホテルに泊まってみたい♪
f0001378_214516.jpg

f0001378_2142058.jpg

チャペルの前にある桜が満開に近かった。綺麗~!
f0001378_2144211.jpg

途中、お茶の良い匂いにつられてお買い物。奈良はお茶が有名ですね。
しかもお値打ち! (結局私は買わなかったけど)
お茶の飴もある~。懐かしいです。
昔、祖父のお遣いでお茶屋さんに行くと、決まって手作りのお茶飴を貰いました。美味しかった。
f0001378_2151156.jpg

雑貨屋さんとひやかしたり、お土産を買ったところで夕食のいい時間になりました。
今回S姉さんが予約してくれたお店に急ぎましょう。
・・・って、ないよ? どこ?
姉さんが手書きでつけたした地図とにらめっこ。そんなお店がない!
なんと、東西と南北が逆でした(爆) そこまで地図が苦手ですか~(^^;
この日効率良く回る事ができたのは、全て私のお陰です!! (きっぱり)

(笑)

夕食を摂ったお店も面白かった。
おっちゃんひとりでやってるところで、「お酒じゃなくてごはんを食べるところ」と貼り紙がしてある通り、飲み物はお茶とビールとあと一種類くらいしかなく、カウンターにところ狭しと並べられたおばんざいの数々!
値段もメニューもありません。黒板は「読むな」と言われました。
好みのおばんざいを人数に合わせて出してくれます。
値段も「3人で割りやすいように」つけてくれるという、かなり良心的なおっちゃん。安かった~。
長芋ともずくの酢の物、唐揚げ、鰺の南蛮漬け、菜花の芥子和え、小松菜のおひたし、鰤大根を食べました。
お客さんは予約の常連さんばかり。
時間制限もないので、席さえ取っておけば何時に来ても、何時に帰っても大丈夫。
f0001378_2153885.jpg

f0001378_2155466.jpg

一皿ずつ取り皿を変えてくれるのも、嬉しいサービス。
ひとりしかいないのに、申し訳ないくらい。
最後に、事前に美味しかったと聞いてた「ハンバーグありますか?」と聞いてみると、おっちゃんは一瞬言葉に詰まってました。
やってきたら、その意味が分かります。
・・・こんなに大きいとは~!
割り箸と比べると一目瞭然。
特大ハンバーグを前に、怯む私達です。
f0001378_2163524.jpg

作り置きなし、注文が通ってから玉葱を切ってこねてたと思うくらい。
ふわふわ柔らかくてとっても美味しい。
もちろん完食しました!
このお店の名前、変わってるけど長野の地名からとってます。

電車に乗る直前、駅構内の売店のおばちゃんに、賞味期限がせまったお菓子をタダで貰い(笑)無事に帰路につきました。
日帰りだけどとっても充実した一日。楽しかった~♪
おふたりさん、また奈良行きましょうね。

今回晴れたのも私のお陰よねーん?
[PR]
by gogolotta | 2009-03-24 20:58 | 旅行記 | Comments(4)

奈良日帰り日記。 ~その3 氷室神社の枝垂れ桜~

いにしへのならのみやこの八重桜  けふ九重ににほひぬるかな




奈良公園から東大寺へ行く途中、鮮やかなピンクが視界に飛び込んできました。
f0001378_1634851.jpg

とってもきれいな枝垂れ桜!
奈良在住のOさんとボスに写メしてやろう~。
ふたりから、即効電話がかかってきました(大笑) びっくりした。
Oさんによると奈良では有名な桜なんだそうですよ~。
まだ7分咲きといったところですが、一足早くお花見ができて嬉しかった♪
f0001378_1674135.jpg

f0001378_1645155.jpg

f0001378_1641778.jpg



f0001378_1651033.jpgf0001378_1653183.jpgf0001378_166591.jpgf0001378_1662558.jpg




初桜 折しも今日は よき日なり
[PR]
by gogolotta | 2009-03-22 16:00 | 旅行記 | Comments(4)

奈良日帰り日記。 ~その2 ピクニック気分でランチ♪~


奈良について真っ先に食べたのが、こちらの天ぷら。
f0001378_15344823.jpg

美味しそうな匂いにつられて、ポテトの揚げたのを1本食べ歩き♪
お店のおじちゃんにうまいこと乗せられた気がする(笑)
f0001378_15535766.jpg

ほくほくで美味しい天ぷらでした。200円也。

YちゃんとS姉さんがいくつも食べ物屋さんばかりリストアップしていたのですが(笑)、そのうちのひとつがこのパン屋さん。
f0001378_15354655.jpg

小さなお店ながらお客さんがいっぱい!
買うのも一苦労です。ここでお昼ごはんを調達。

●マヨたまごパン
f0001378_1536774.jpg

●トマトピザパン
f0001378_15361962.jpg

●アンチョビチーズパン
f0001378_15363360.jpg


このふたつは、今日の朝ごはん用。

●うぐいす豆のパン
f0001378_15365036.jpg

●カヌレ
f0001378_1537112.jpg

どれも安くて大きめ、そして美味しい~!
奈良公園にある屋根つきベンチが空いてたので、そこで頂きました。
外で食べても鹿が寄ってこないし、今日は安心。
目の前に座ってた家族連れの、5段重ねプラスおいなりさんやら、苺やらサラダなどなど・・・次々登場するごちそうピクニックに釘付け!?
鹿みたいに私が狙ってしまうよ(爆)

Yちゃんの食べてた宇宙人パン! 可愛い♪
f0001378_15451629.jpg

足の部分はソーセージ。美味しかったそうです(^^)

書いてる最中に・・・
[PR]
by gogolotta | 2009-03-22 15:29 | 旅行記 | Comments(5)

奈良日帰り日記 ~その1 足早に世界遺産巡り~

f0001378_14163864.jpg

昨日はYちゃんとS姉さんに誘われて、奈良に行ってきました!
前日開通したばかりの「阪神なんば線」。S姉さんが買ってくれた1日記念乗車券(乗り降り自由で1000円)を使って、近鉄奈良まで直通で~。およそ半額の運賃で済みました。
車窓からは平城京跡も見えました。公園になってるようです。

キモ可愛いとすっかり全国区人気となった(?)「せんとくん」がお出迎え。
f0001378_1416558.jpg

朝9時半過ぎに三宮から乗っておよそ80分後、近鉄奈良に到着。
止まる駅や途中の通過列車待ちが、かなり多かった。
特急は直通じゃないのね・・・。快速急行が一番便利な直通電車のようです。

お天気が良くて、あったかくて行楽には最高の一日♪
すっかりお腹が空いたので、お昼を調達。外でピクニック気分を味わうのも、気持ちが良いですね。
(食べ物ついては後ほど)

買い物しつつ商店街を抜けて、猿沢池から興福寺へ。
亀たちもこぞってひなたぼっこ? というか甲羅干しの姿・・・。ちょっと怖い(笑)
f0001378_14283818.jpg



f0001378_14291181.jpg


家族旅行をした時にも訪れた興福寺。
あの時は仕事で私だけ日帰りだったような気もします(涙) 数年前のお正月明けすぐだったっけ。
f0001378_14325696.jpg



f0001378_143331100.jpg

以前より外国人観光客が目立つ気がしました。
奈良公園でピクニックをする家族連れもたくさんいます。
奈良にしてはいつもより人出が多いのは、やっぱりなんば線のお陰?
でも京都の殺人的混み様とは無縁の、のどかな奈良は健在でほっとします。
京都よりも歴史がある古都でありながら、たぶんいにしえから変わらないのんびりした美しさ、大らかさが好きだな~。

この季節の鹿はおとなしいんですね。角きりしたばかりだから?
子供にどんなに撫で回されても、逃げないし怒らない。
界隈のどこに行ってもいる鹿はどこでも人気者でした。
f0001378_153545.jpg



f0001378_1542256.jpg


登大路の真ん中に立ってるこの木・・・。
f0001378_1418257.jpg

なんとなく鹿に見えませんか?(笑)
大きな角も2本生えてる~。
f0001378_14182313.jpg


f0001378_1436228.jpg

小学校の修学旅行で初めて訪れた東大寺!
f0001378_14534027.jpg

盧舎那仏像のお姿を拝まず、大仏殿の内部までは行きませんでしたが、やっぱり大きいな~。
(どちらも国宝です)
南大門も色がかなり褪せてるとはいえ、圧巻。
その柱の左右には迫力ある金剛力士立像。阿吽、というあれです。
どちらも運慶が製作総指揮をとったといわれている有名な像。
南大門とともに国宝に指定されています。
大仏殿の前に建つ中門。
長い回廊も、横から見るとうねっています。美しい回廊ですね。
この門の柱には、毘沙門天と多聞天の像があります。
f0001378_14544822.jpgf0001378_14541317.jpgf0001378_1455781.jpg




f0001378_14584670.jpg



f0001378_1459149.jpgf0001378_14575213.jpgf0001378_14594451.jpg



駆け足で東大寺を回った後は、春日大社へ。
f0001378_1502895.jpg

ここも周囲の原生林とともに世界遺産に登録されています。
f0001378_1505286.jpg


f0001378_1517659.jpg


途中、奈良公園でお昼ごはんを食べてからここまで、結構歩きました。
春日大社までの長く緩やかな上り坂。
マイナスイオンを鹿とともにあびながらも、疲れました・・・。
春日大社から旧志賀直哉邸まで、「ささやきの小径」を通り損ねながらも、林の中をてくてく歩きました。
かなり急いだ世界遺産めぐりでしたが、久しぶりに気持ちの良い散歩になりました。

f0001378_1513426.jpg



奈良には法隆寺周辺、紀伊山地の神社のほか、この市内中心の主だった寺院が世界遺産に登録されています。
今回は東大寺、興福寺、春日大社、平城宮跡(車窓からだけど)を回ってきました。
まあ、お寺巡りが目的ではなかったけど、結構充実してますね。
元興寺は近くを通りながらも行かなかったし、唐招提寺は以前襖絵の特別公開の際に行きました。
奈良公園内の国立博物館では、近々「鑑真和上」展が開催されるようです。
[PR]
by gogolotta | 2009-03-22 14:14 | 旅行記 | Comments(0)

1泊2日 信濃の旅♪ ~松本散策~

朝食をゆっくり食べた後は、チェックアウトをして松本の街を散策に出かけました。

昨日通りかかったときに気になった豆のお菓子屋さんで、自分用にお土産を購入。
試食し過ぎた~(^^;
f0001378_2104492.jpg


縄手通りというところをぶらぶら歩きます。
カエルのグッズがいっぱい!
f0001378_211460.jpg

看板もカエル。
f0001378_2111664.jpg

「二宮カエル」くん!? (←おかんが大喜び 笑)
f0001378_2113010.jpg


通りの横は川が流れています。女鳥羽川?
f0001378_2114654.jpg

向こうには山も綺麗に見えますね。
f0001378_2115948.jpg


このポスト、最近見かけなくなったので、懐かしさのあまり撮ってみました。
f0001378_2121929.jpg


小さな通りを抜けて、駅の方面に戻りましょうか。途中、佃煮や漬物を売ってるお店で母が自宅用に買っていました。
f0001378_2124233.jpg


この界隈には、こういう建物があちこちに点在しています。
f0001378_213457.jpg

結構新しいので、最近建てられたんでしょう。
古い町並みを再生しようとする動きなのでしょうか。やっぱりいいな~、日本の建築は。
(ちなみにこれはカレー屋さん)

駅の近くまで戻って、朝タクシーの運転手さんに教えてもらったお蕎麦屋さんでお昼ごはん♪
ビルの1階にありますが、昔ながらの佇まいのお店。
注文を取るのはおっちゃん、作るのはおばちゃんふたりでした。
壁にはジャイアンツの選手や、かの有名なマエストロのサインが並んでます。

このもつ煮、美味しい!
f0001378_2133211.jpg

妹のきつね蕎麦。
f0001378_2134669.jpg

私が頼んだのは、この店で一番高かった(笑)
美味しいお蕎麦でしたよ! 冬でもお蕎麦はざるが好きです。
f0001378_214169.jpg

お昼を食べてからも、電車の時間まで少しあったので、観光案内所でおすすめの場所を聞いてきました。
お味噌屋さんです。
f0001378_2143365.jpg

味噌ソフト…ちょっとしょっぱい(^^;
f0001378_2144532.jpg

帰り道に、憧れの「サイトウキネンオーケストラ」の会場となるホール横を通り過ぎました。
「レ・ミゼ」のポスター。行きたい!
f0001378_2145713.jpg

こんな感じで電車に乗る時間がやってきました。
雪の少なかった松本でしたが、塩尻を過ぎると急に山の中に入って、ご覧の通りの景色が広がります。
(行きは爆睡してました)
f0001378_2151983.jpg

f0001378_2153165.jpg

夕食に車内で買った駅弁。ボリュームがあってなかなかの味です。
f0001378_2154828.jpg

f0001378_2155944.jpg


あっという間の小旅行でしたが、今回は初めて(?)喧嘩もなく無事に旅を終えることができました。
お正月にあったばかりでも、外に出ると日ごろのストレスを忘れられるので、母にも妹にも良い時間だったと思います。
また近いうちに家族旅行したいな~。
越後湯沢に行く!?


おまけ。
自分に買ったお土産。キットカットは限定ものがたくさんありますが、一味唐辛子ってどんな味!?(>_<)
ちょうど電車で読んでた本に、「タイではフルーツに唐辛子の粉を振り掛けて食べる」って書いてあったので、ためしに買ってみました。1個のばら売りを見つけたので。
f0001378_2161956.jpg

[PR]
by gogolotta | 2009-01-30 21:07 | 旅行記 | Comments(4)

1泊2日 信濃の旅♪ ~宿の食事~

おまちかねの夕食♪
食事は別室で取ります。個室で頂けるのが嬉しいところ。
設えは和室ですが、テーブル席になっていて楽に食事が楽しめます。

八寸は、手前のお皿と「すずめのお宿」の葛篭に見立てた箱の中。
f0001378_20585573.jpg

あいや~。何を食べたのか忘れちゃった…。
f0001378_20591045.jpg

葛篭の中は、お正月料理でした。おめでたいお料理の数々。目で楽しんで、舌で楽しむ。
和食の醍醐味ですね。
f0001378_20592818.jpg

雀の屏風の手前には、紙の小判が置いてあって、屏風に反射して光るように演出されているんだとか。
f0001378_20594952.jpg


椀物。上品な味で温まる~。大根とにんじんはどうやってからませてるんだろうと、感心する私達(笑)
f0001378_2101960.jpg

今度も素敵な器!
f0001378_2104026.jpg

お造りです。鯛も美味しかったけど、海老も甘くて美味しい!
f0001378_2105474.jpg

長野名物、馬刺し。臭みがなくて柔らかい~!
f0001378_2111187.jpg

揚げ出し豆腐と牡蠣の天ぷら。松に見立てたお蕎麦(?)も食べられました。さくさく美味しかった~。
f0001378_2113426.jpg

長野といえばお蕎麦! これはおかわりしたかった、と母が連呼する味でした。
f0001378_2123443.jpg

お待ちかねの林檎を食べるという信州牛! 柔らかくてこれまた美味。日本の牛はやっぱり最高!
f0001378_2131851.jpg

シチューのような濃厚な味のスープ。蟹と海老の出汁がたっぷりで、お肉の味の余韻を楽しみたいという母の分も頂きました(笑)
f0001378_213334.jpg

ごはんを食べる頃には、お腹がはちきれそう~!
米俵や打ち出の小槌の器がいいな。
f0001378_2135098.jpg

お味噌汁はとろろ昆布が入ってました。
f0001378_2141239.jpg

デザートの頃にはもう満腹、降参。抹茶プリン(ゼリー?)とバニラアイスだけ頂いて、右端のお汁粉は妹にあげました。
f0001378_2143059.jpg

しばらく動けなくなった3人…部屋で旅館に置いてあるマンガを読んだり(『ソムリエール』を4巻まで)、大河ドラマを観たりして休憩した後、もういちど温泉にゆっくり浸かります。

夜は風が強くてガタガタと建物を鳴らしていましたが、朝風呂にも入ってたっぷり朝ごはんを食べる頃には元気いっぱい。
f0001378_2144486.jpg

旅館の方には「椎茸嫌い」の母の要望通り抜いてもらいました。
(知らずに私が母の皿を食べてしまったけど・・・)


朝食の後、名残惜しいですがチェックアウト。この宿にはまた来たいと3人で言い合ってました。
あと少し、松本の街を散策しましょう。
[PR]
by gogolotta | 2009-01-25 20:57 | 旅行記 | Comments(3)

1泊2日 信濃の旅♪ ~今回のお宿~

中々進まない更新ですね…(爆)
今回の旅行での宿は、美ヶ原温泉に取りました。
親子3人、住んでいるのがバラバラなので、誰もが行きやすく、のんびりと温泉に浸かれて、美味しいものが食べられるところ! というのが希望でした。
ネットでいろいろ調べて予約したのが、『追分屋旅館』です。
駅に戻ってタクシーに乗って宿まで向かいます。
母達は周遊券を買っていたので、タクシーも幾らかまではお金を払わなくてもよかったのです。えへへ。
f0001378_23494338.jpg

和風の建物は、こじんまりとしてそうでしたが、中へ入ると結構広い。
ホームページで観たとおり、綺麗な旅館です。
f0001378_2350117.jpg

ロビーの囲炉裏、たぶん使ってはいないだろうけど、好きだな~。
私達が着いた時は、他のお客さんがぐるっと座ってて、滞在中一度も座らなかったけど。
f0001378_23502179.jpg

通路のいろんな場所に、椅子が用意されてます。
f0001378_23503829.jpg

デザインがどれも違うので、家具や雑貨好きの私は見てるだけで楽しめます。
f0001378_235175.jpg

足湯までありました。
今の季節は寒いけど、春や秋ならのんびり浸かりながら寛いだりできそうなフロアでした。
f0001378_23513164.jpg

f0001378_23514581.jpg

f0001378_2352156.jpg

今回の部屋は3階です。
フロアのロビーには、お茶室までありました。
襖も間仕切りもない、テレビのセットのような「お茶室セット」でしたが(笑)
f0001378_23522746.jpg

ここでお茶を頂きます。ブーツを脱ぐのが面倒だったので、隣のカウンター席で(笑)
後で知りましたが、このフロアは特別室ばかりだったんですね~。「橘」という部屋でした。
靴脱ぎのところにも可愛い置物。こういう細かい演出が、乙女心をくすぐるのですよ。
f0001378_23525763.jpg

入ってすぐは洋室。このテーブルと椅子、螺鈿の細工が素敵! 持って帰りたい~。
f0001378_2353198.jpg

和室がニ間。テレビは洋室と広い方の和室と、2台ありました。
3人でこんなに贅沢して良いのかしら~♪
実家にも畳は座敷と祖母の部屋しかなくなってしまったので、畳の感触が気持ち良い!
f0001378_23533638.jpg

f0001378_23535376.jpg

寒かったけど、ベランダにも出てみましょう(一瞬だけ)
美ヶ原高原はこの山の向こうかしらん?
f0001378_2354123.jpg

雲がかかってましたが、夕焼けも見られます。
f0001378_23543648.jpg

ちょっと散歩にも出てみましょう。温泉に入るという母達を置いて、ひとりで。

でもなーんにもない。
f0001378_2355169.jpg

f0001378_23551785.jpg

f0001378_23553555.jpg

とにかく寒いっ! 早く戻って温泉に入ろう~!!

写真はもちろんありませんが、浅間温泉よりぬるめの温泉で、外湯は今の時期には向きませんが、内湯はとっても気持ちよかった!
夜の8時以降は男湯と女湯が入れ替わるので、夕食をはさんで、あらゆるお風呂を楽しみました♪
マイクロバブルバスもはいったし、「白糸の湯」の岩露天、ひとりで浸かるやたらとムーディーなライトで照らされる「太古の虹」と、雰囲気も浴槽の種類も異なって満喫しました。
びっくりしたのは、どのお風呂にも林檎が浮かんでいたこと!
さすが長野だ~。林檎~!
これでお肌はもっちりすべすべ♪(のはず)
やっぱり温泉は最高~!



エキサイトもやっとこさ、コメント欄を承認制にできるようになりました。
最近変なコメントやTBが多いので、申し訳ないのですが、私が承認するまでコメントは反映されません。
でも今まで通りよろしくお願いしますね!

[PR]
by gogolotta | 2009-01-24 23:47 | 旅行記 | Comments(2)

1泊2日 信濃の旅♪ ~旧開智学校~

お城を観た後は、もうひとつの名所『旧開智学校』へ歩いて向かいましょう!
松本神社前というT字路のど真ん中にご神体?
f0001378_21435381.jpg

しばらく歩くと、左手に異人館のような可愛らしい空色の建物が見えてきました。
f0001378_21444976.jpg

道路を挟んで反対側に、『開智学校』はあります。
近代教育発祥の地、日本で最も古い小学校のひとつとして有名なこの学校。
洋風建築の建物は教科書にも登場するほどです。観たことありませんか?
今では博物館として一般公開されています。入場料は大人300円。
文明開化の薫りがする~。
f0001378_21442119.jpg

中に入ると、入り口に係員がいるせいか大きなストーブが炊かれていて暖かかったのですが、奥に一歩入ると寒いの何の!
小学校は入学した頃はまだ木造校舎も残ってたけど、確かにあれは寒かった…。
建物は当時の一部分した残されていないので、そんなに広くはないのですが、机も木のものがそのまま置いてあったり、おそらく当時としては珍しかったアップライトピアノまであったりして、なかなか興味深く楽しめます。

建物の中央にある急な螺旋階段。
f0001378_21451117.jpg

写真の真ん中辺り。一段、階段の角が丸くなってるのが分かりますか?
f0001378_21453280.jpg

きっと同じところを皆が通って磨り減ったんでしょうね~。
長い年月かかって、ここまで減ったんだ…。

天井のライトも凝ってて可愛い。
f0001378_21455598.jpg

明治天皇、昭憲皇太后(皇后)の御幸記念。
当時は相当大騒ぎだったに違いない。
f0001378_21461189.jpg

ステンドグラスまで学校にあるなんて。ハイカラだ~。
f0001378_21464338.jpg

実はこの学校、扉には相当凝ってたらしい。龍の彫り物もある。
f0001378_2146594.jpg

ちょっと中国風な青い花の絵が綺麗。
f0001378_21471438.jpg

教育県・長野はここから始まったのですね~。
ちょっと冷えましたが、良い物を見ました。
f0001378_21482615.jpg

さて、そろそろ今宵の宿へと参りましょう。
[PR]
by gogolotta | 2009-01-22 21:41 | 旅行記 | Comments(0)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る