<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

愛しの映画バトン

お誘いを受けた『愛しの映画バトン』。
いつもTBして逃げてるので、こんな嬉しいお誘いがあるとは驚きです♪
では、早速・・・。

1.年に何回くらい映画館で映画を観ますか?

年によってまちまちですが、だいたい30~50本。
サービスデーやレディースデーを狙って行くので、多くても週に2度が限界。
あんまり観る気が起こらない映画は、CSで観てます。レンタルも、会員証すら持ってないし(笑)
仕事帰りに行くことになるので、疲れてるときは行けないですね。

2.最後に観た映画は?

『ボルベール <帰郷>』
この監督の映画は好きです。

3.初めて観た映画は?

東映マンガ祭りですかね? 紙の帽子を嬉しがって被ってました。
内容は・・・覚えてないな(笑)

4.映画館では飲み食いしますか?

ほとんど毎回食べます。仕事を終えるとおなかも空くし、観終わってからだと遅いので。
でも、始まる前に食べ終えます。

5.主に誰と観にいきますか?

ひとりです。映画はひとりで観るものだと思ってます。
「え~!?」って信じられない顔しないでください(爆)

6.映画館でうれしかった思い出

うれしかった? いい映画を観られたときかな。あと、楽しみにしてる映画のチラシを見つけた時。
チラシコレクターでもあります。観ないけど貰いに行くくらい(笑)

7.映画館で悲しかった思い出

世にもつまらない映画を観た時ですね。悲しいというより、怒りを覚えます。
あと、整理券で席が前の方しかあいてなかった時は、ショックです。

8.映画館で困った思い出

新しい映画館は、席の高さも考えてるのでいいんですが、古い映画館だと私は小さいので、前の人の頭で見えないんですよね。
字幕が読めないと困ります。
あと、座りにくいシートとか・・・。腰が痛くなってしまって、映画どころじゃありません。
上映中やエンドロールの時に喋るのもやめてほしいです。しらけちゃう。

9.パンフレットは買いますか?またそのタイミングは?

ものすごく気に入った映画なら買います。
ここ何年も買ってないですね。チラシで満足です。
映画館以外でも、マストロヤンニのを見つけたら即、買います!

10.次に回す人(3~5人)


うーん、回すあてもないので(笑)
[PR]
by gogolotta | 2007-07-31 22:24 | 映画おたく | Comments(5)

日曜だけ8耐へ

本当に久々の鈴鹿です! 
8耐に行ってきましたよ~♪

土曜が仕事なので、日曜だけの参戦でした。
朝、洗濯をしてから行ったら、11時半のスタートに間に合いませんでした・・・(-_-;
駅からのバスも、、ものすごく遠いところなので、着いてからコースまでは10分は歩いたかな。
そんなこんなでやっと来た私。
U嬢とB嬢にD席で合流しました。
しかし、暑いっ!
日差しはきついし、汗は噴き出してくるしで、疲れた体に堪えます(爆)
ちゃーんと完全防備ですからね。意地でもやめませんよ。
ほんとに火ぶくれしちゃうよ。

8時間は本当に長いです。
ごはんを食べたり、青山博一選手に和んだり(むっちゃ可愛くて、連れて帰りたかった私達 笑)赤福氷を食べたりしながら、G席やダンロップの日陰で観てました。
居眠りもしませんでしたよ~。

f0001378_2239878.jpg


レースの方は、ヨシムラの27年ぶりのぶっちぎり優勝で、ミスターこと秋山選手びいきのK嬢は大喜びでしたでしょう。
結局、K嬢にもボスにも会えずじまいでしたけどね・・・。初めてだな、こんなこと。

A席で感動のゴールを向かえ、表彰式と花火(いつもより豪華だった)をコースの上で見て、終了。


f0001378_2239403.jpg



f0001378_22394939.jpg


サーキットを出たのは9時半で、タクシーにぼったくられながらB嬢と電車で帰ってきました。
家に着いたのは、1時でしたよ(T_T)

この日曜に思ったのは、鈴鹿が本当に好きなこと。特別な場所で、ここの景色や空気が大好きで、やっぱりいいところだな~。
去年のF1以来の来場でしたが、堪能しました。

最後に、U嬢とB嬢に感謝。へたれでごめんね~。なかなか坂道は歩けないのよ(爆)
半年振りに再会したJ氏。焼けたね~!! いろいろお疲れ様です(笑)

では、また鈴鹿に行くぞ♪
[PR]
by gogolotta | 2007-07-30 22:35 | モースポマニア | Comments(4)

今月読んだ本

『デセプション・ポイント上・下』  ダン・ブラウン

『うたかたの恋の真実 ハプスブルク皇太子心中事件』  仲 晃

『QED 河童伝説』  高田 崇史

『各駅停車 飯田線』  
[PR]
by gogolotta | 2007-07-30 22:18 | 本の栞 | Comments(0)

どん嘉楽

久々に羊を食べに行ってましたよ。
インド料理で食べたマトンとかラムカレーとか、結構美味しかった覚えがあるので、楽しみにしてました。

梅田の東通り商店街にある、 『どん嘉楽』でジンギスカン♪

f0001378_21055.jpg


まず初めにラムロースとラムチョップ。


f0001378_2103494.jpg


野菜は最初に付いてきます。
もやし、アスパラ、白葱、じゃがいも、プチトマト、たまねぎでした。
たれがニ種類と塩でいただきます。


f0001378_2104736.jpg


こちらは、ハーブで下味をつけたラムロース。
ハーブで臭みが減って、一番食べやすかったかな。


f0001378_21184.jpg


脂肪の少ないラムと五穀米でとってもヘルシー。
どうも私の痩せ方は、やつれたと言ったほうが正しい痩せ方らしい・・・。
久々に会うとびっくりされるようです。
結構食べる量も戻ったのに、体重にはまだ変化がないので実感もないですね。


f0001378_2112131.jpg


久しぶりのジンギスカン。
噛み応えがあるので、牛肉より量も少ないですよ。

・・・牛肉の方が好きですけど・・・(爆)
[PR]
by gogolotta | 2007-07-27 20:58 | おそとごはん | Comments(4)

THEMA832とHARBS

昨日は久々にお出かけランチ♪
最近、暇で暇でしょうがないので(笑)、またまた元同僚のYちゃんとS先輩に、お付き合いいただきました。
「珍しく」お出かけでしたとも、ええ(爆)


ランチは、元町にある『THEMA832』というトラットリア。
中にはレーシングスーツやグローブが飾ってあるので不思議に思ってたら、去年GP2で走ってた吉本大樹のパーソナルスポンサーなんだとか・・・(何で?)
昨日も、地上波のF1中継にレポーターとして出てました。


f0001378_22483447.jpg


ランチメニューで、ピッツァが食べたかったので、メインはシェアすることに♪
アンティパスト、メイン、コーヒーか紅茶がついてました。
ラグーソースのパスタ、ピッツァはマルゲリータとクアトロフォルマッジです。


f0001378_22471447.jpg



f0001378_22472937.jpg



f0001378_22475490.jpg



f0001378_22481288.jpg


どれも美味しかったんですが、今度は夜に行ってモリモリ食べたいです! 魚も肉も美味しそうだったので。
今、とーっても雲丹のパスタが食べたいです。


外は異常に蒸し暑かったので、即効カフェへ避難。
キャトルセゾンの2階にあります。
そこでだべって(笑)S姉さんとお別れ。
Yちゃんとぶらぶらしながら、甘いものが食べたくなったので、大きなケーキで有名なHARBSへ。
私のは、フルーツたっぷりミルクレープ。Yちゃんは、メロンのケーキでした。


f0001378_22484739.jpg



f0001378_2249126.jpg


とっても満足な一日でした。
おふたりさん、ありがとう!! また美味しいもの食べに行きましょうね~ん。
[PR]
by gogolotta | 2007-07-23 22:42 | おそとごはん | Comments(12)

東華菜館で川床を

祇園祭の前に、夕食をいただいたのは、京都四条の老舗北京料理『東華菜館』
建物自体もスペイン・バロック様式で、何でも日本最古のエレベーターが現役活躍中とか。

f0001378_11433786.jpg



f0001378_11513649.jpg



f0001378_11451512.jpg

家庭料理のメニューでもおなじみの、でも美味しく作るのは難しい料理の数々。
中国の青島ビールとともに頂きました。
京都の良き伝統が、こんなところにも息づいてます。



f0001378_11453883.jpg



f0001378_11455610.jpg



f0001378_11463195.jpg



f0001378_11464491.jpg



f0001378_114656100.jpg



f0001378_11472686.jpg


しかも! 床ですよ~♪
この日に京都の鴨川の川べりで、涼しく優雅に食事を楽しめるとは、なんと贅沢!!
むふふのふ(笑)
台風の翌日で、ちょっと(?)川が荒れ気味ですが・・・。


f0001378_11425519.jpg


しかし、鴨川沿い名物の「カップルがずらーっと並ぶ図」。
いつにも増して、間隔が狭いような気がする(爆)
老いも若きもカップルでえ~の~。
羨ましがる独身の私達でした。
[PR]
by gogolotta | 2007-07-21 11:41 | おそとごはん | Comments(8)

祗園祭

昨日は、約10年ぶりに大学時代のゼミ仲間や先生と、祗園祭に行ってきました。
高島屋に着いた頃には、人で溢れかえってました。
前日が台風だったためか、明るいうちからたくさん来てるんですね~。
デパートのロビーも、こんな感じでお祭り一色!
さすが日本三大祭のひとつです。
f0001378_2148690.jpg

浴衣をきてる女性が多かったのに、誰もかれも全く違う様には壮観でした。
私は実家においてあるし、恥ずかしながらひとりで着られないので、(これまた珍しく)ワンピースだったんですけど・・・。

先生と友人2人と合流し、夕食を済ませてから、いよいよ会場に向かいます。
時間を追うごとに、歩行者天国になってる四条通りは、どんどん人で埋め尽くされていく・・・恐ろしい(^-^;
一番外れにある、保昌山から見物開始。


f0001378_223395.jpg


祇園祭を彩る32の鉾や曳山は、それぞれの町で異なります。御神体や懸装品と呼ばれる山鉾を飾る掛け物など、町衆が総力を結集して復元や新調がなされています。それも展示してあるので、本当に「動く美術館」ですよ!
詳細は、こちらを参考になさってください。(はい、クリック♪)
どこでも、ちまきは売ってます。いろんなグッズがあって、観てるだけで楽しいですよ。


f0001378_2274044.jpg


まず、「保昌山」は和泉式部にまつわる恋物語にちなんだもの。この町の子供もお手伝いに駆り出されてたので、独身女3人はこぞって『縁結びのお守り』なんぞ買っちゃったりして(笑)
故事にならって、梅をあしらってます。


f0001378_21485214.jpg


また、各山鉾の町家では、屏風祭といって、自宅を開放して代々伝わる屏風を公開してます。
写真撮影も、快く承諾してくれます。ここは、着物屋さんのおうちです。


f0001378_21491537.jpg


浴衣を着てなかったはずなのに、なぜか・・・。おや?


f0001378_2234234.jpg


「似合う、似合う!」
と煽てられてすっかり気をよくしたワタクシ。

さて、どんどん参りましょう~!
岩戸山

f0001378_2235871.jpg


曳山の銅には、こんな立派な掛け物が!


f0001378_2150997.jpg


太子山聖徳太子の伝説に習い、この山だけ松でなく杉を飾ってます。


f0001378_21502550.jpg

木賊山

f0001378_2242015.jpg

蟷螂山

f0001378_2243942.jpg

こんなところに商魂が垣間見られます・・・。蟷螂占いですって。


f0001378_21505338.jpg


霰天神山

f0001378_2245324.jpg


月鉾

f0001378_225747.jpg


函谷鉾

f0001378_21513839.jpg


長刀鉾


f0001378_2152360.jpg



現役大学教授であらっしゃる先生が、全て解説してくださいましたので、無知な私も勉強になりました。
歴史のあるお祭りなので、謂れや特色を知ると知らないでは、全く違います。
どうもありがとうございます<(_)>
[PR]
by gogolotta | 2007-07-16 21:45 | 和ごころ | Comments(10)

またまたお久しぶりです・・・

ブログを始めて以来2週間も空けたことなんてなかったのに(^-^;
皆様、またまだおひさしぶりでございます。

某弟分には昨日「ネタがなくなったか!」と笑われましたが、それも当然。
まったく何もしてないし、遊んでないし、ロクにご飯も作ってないし・・・。
もともと体力じゃなくて気力で生きてる人間なので、立ち直りも遅いよう。
なんとか元気になってきたみたいなので、ぼとぼちやっていこうと思います。

今日は久しぶりに晴れ! しかも暑くない!
なので、久しぶりに出かけます~♪
昨日も明日も仕事なので、世間の三連休が心のそこから妬ましい羨ましい!!

今回の台風、ほんとに大変な被害ですね(>_<)
こちらはなんともなかったのが幸いでしたが、現在は実家の近くにいる模様。
東の皆様、どうぞお気をつけ下さいね。

復活の映画記事、アップしましたので、よろしかったらどうぞ。

f0001378_11343243.jpg

[PR]
by gogolotta | 2007-07-15 11:29 | ひとりごと | Comments(5)

ボルベール 〈帰郷〉

f0001378_10291255.jpg

もう一度、人生を愛するために・・・。
久しぶりのペドロ・アルモドバル作品。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』 に続く最終章『ボルベール〈帰郷〉』


両親を火事でなくし、故郷ラ・マンチャにひとり残る最愛の伯母を心配しつつ、一人娘と失業中の夫を懸命に支えるライムンダ。
そんな彼女に、娘パウラの起こしたある事件が降りかかります。
必死にそれを隠そうとする最中、更に伯母が亡くなったという知らせが舞い込み・・・。
一方、葬儀に行けないというライムンダの代わりに、伯母の隣人アウグスティナと共に葬儀を任された姉のソーレは、死んだはずの母親を見たという村人の噂を耳にします。
f0001378_1029247.jpg

この監督は、女性を描くのにかけては天下一品。
描写が丁寧でリアルで、とても美しい!
男性なのに、どきっとするくらい女性の真理が分かるというか・・・。

主演のペネロペ・クルスは今までで一番輝いてます。
自分と同じ衝撃的な出来事が、自分の娘にも降りかかろうした因縁。
必死に娘を守ろうとする母性を、こんなに魅力的に演じることができるんですね。
彼女は、ハリウッドよりスペインの方が生き生きしてます。

この映画に出てくる女性は皆それぞれ、たくましくてパワフル。
ライムンダがタンゴの名曲『ボルベール』を歌うシーンも、胸に迫ります。
(もっとも、一見して吹き替えだと分かるのだけれど)
母親が教えてくれた歌。
ある事件をきっかけに、隔たってしまった母。
母として娘を守る立場になったからこそ沸いてくる母への想い。
複雑だけれど痛いくらい伝わってきます。
そんなエレジーは、ぐっときます。
愛する家族がいる場所が、帰るところ。
ライムンダの母としての愛は、大きな葛藤の中で生まれたものだと思うと、いっそう感銘を受けます。

今を懸命生きる女性たちの生き様は、ものすごくエネルギッシュなんだけれど、潔い。
なにがあっても笑って吹き飛ばす、大らかで眩しい太陽のような女たち。
ラ・マンチャといえば男、ですが、女もものすごいです。
まっすぐなしたたかさが、愛しいくらい。
女として、見習いたいところがたくさんあります。
(どだい無理な話だけど 笑)
全ての女性に見て欲しい素敵な映画でした。

f0001378_1029029.jpg

[PR]
by gogolotta | 2007-07-15 10:25 | 映画おたく | Comments(7)

映画に行くはずが・・・

神戸で降りたものの、なぜか三宮に引き返してお買い物。
世の中はバーゲンの季節でごった返してますが、私のお目当てのバーゲンは服やバッグなどではありません。

コアーズやクリスティーナ・ミリアンを持って散々迷った挙句、買ったのはこの3枚!
年中やっていただきたい、HMVの安売り。
久々に行ったので、目移りして困りましたよ。

今月は節約せなあかんので、上階のジュンク堂には、目ぇつけて帰ってきました(涙)

f0001378_23365499.jpg

[PR]
by gogolotta | 2007-07-01 23:33 | 美術・音楽 | Comments(5)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る