カテゴリ:美術・音楽( 16 )

名古屋と京都で美術館ツアー♬

芸術の秋ということで、まず名古屋で「至上の印象派展 ビュールレコレクション」を駆け込みで行ってきました。
f0001378_11200240.jpg
ルノワールのイレーヌ嬢は、やっぱり素敵! この可憐さで、8歳…うちのちびロッタとは大違いです(笑)
f0001378_11200536.jpg
ラストのモネの「睡蓮の池、緑の反映」は、撮影可能。
長いのでスマホでは収まりきらないけど…。高知に、モネのジヴェルニーの庭を模した見事な庭園があるらしいので、いつか行ってみたい。
モネやルノワールも好きだけど、ゴッホの風景画も最近はお気に入り。
「花咲くマロニエの木」のポストカードが売り切れて、残念でした…。

音声ガイドはいつも聞かないのだけど、今回は特別! ミュージカル界のプリンス井上芳雄 王子の声なら、そりゃ聞くって(笑) 
期間中にやってた、帝劇ミュージカル「モーツァルト!」のチケット取りそびれて悔しかったのですが。
美声で芸術に浸れました♬
f0001378_11200811.jpg
イレーヌ嬢になるべく、大人用と子供用の撮影衣装完備。…イレーヌ嬢のパネルと一緒に、史上最高の美少女気分に浸れます。やりませんでしたが(^^)

京都では、大好きな東山魁夷の生誕110年を記念する大展覧会へ行ってきました。
f0001378_11295752.jpg
去年、豊田市美術館で観た、唐招提寺障壁画の再現展示が圧巻!!
この展示は本当に素晴らしいので、また観られて幸せでした。
f0001378_11300536.jpg
この東山魁夷の青が好き。
f0001378_11301182.jpg
ヨーロッパを描いた展示もありましたが、「晩鐘」や他のいくつかが東京にしか来ないみたいなのが、本当に残念。
「花明り」や「行く秋」、「静唱」は何度観ても素晴らしいのひとことです。
こりゃ、東京展も行かないとだめですかね〜。
国立近代美術館の後に、祇園のフォーエバー現代美術館へ寄りました。
外国人観光客でごった返す祇園のど真ん中。
甲部歌舞練場の建物を美術館にしているこの入り口には…
f0001378_11355239.jpg
どどーん!
草間彌生のパンプキンが鎮座ましまして。
f0001378_13023884.jpg
カラフルな南瓜や、富士山の絵ががたくさん展示してありました。
f0001378_11355996.jpg
舞台上にある展示や、いくつか撮影可能。
日本人より、欧米人の観光客が多く訪れていました。さすが草間彌生ですね〜。
f0001378_11360216.jpg
鏡にぐるっと囲まれたパンプキン。この空間に入ってみると、幻想的。
f0001378_11360570.jpg

f0001378_11360872.jpg
庭園も趣があって素敵。
縁側で座禅を組むのは、みんな外国人観光客でした。
f0001378_13062864.jpg
芸術の合間に、大事な腹ごしらえ。
伏見のマイペンライで、グリーンカレー。最近、名古屋市美術館に来たら、必ず寄ります。
f0001378_13065228.jpg
平安神宮に夜なら、ラヴァチュールのタルトタタン!
f0001378_13071219.jpg
三条の梅園で、黒糖わらび餅とみたらし団子。
f0001378_13073488.jpg
芸術と食欲の秋♬ 
まだまだこれから堪能します(*^^*)

[PR]
by gogolotta | 2018-09-30 11:18 | 美術・音楽 | Comments(0)

モネ展に行ってきた♬

先日、楽しみにしてたモネ展に行ってきました。今日で会期終了ということで、駆け込みセーフ。
f0001378_22020135.jpg
睡蓮もいくつかあって、なかなか良かったです。チャリングクロス橋の絵が気に入りました。ジヴェルニーよりロンドンの方が印象に残りました。
開場直後でも混んでましたが、出てきたらもっと混んでた(笑) 早めに行ってよかった〜。
f0001378_22022094.jpg
フラリエでもモネ展とタイアップして、モネの池になってたので見に行きました。
f0001378_22023602.jpg
睡蓮が咲いてて、なかなか素敵。
写真に撮ってみると、去年行ったモネの池の方が、モネっぽい。
f0001378_22025287.jpg
お土産に、パパブブレのキャンディを買って、ちびロッタにあげました。可愛いので大喜び♬ 味も美味しいみたいです。
f0001378_22031547.jpg
伏見に来たら、やっぱりマイペンライでタイ料理!(๑˃̵ᴗ˂̵)
カオソーイのホットにしました。辛いけど美味しい〜♡ 追い飯、最高(笑)
f0001378_22232880.jpg
暑かったので、今年初のカキ氷。両口屋是清で、梅ヨーグルト。これ美味しい!
f0001378_22235069.jpg
行きしなに見た、チューバッカ・ナナちゃん(笑)こんなの、ナナちゃんじゃない…(^_^;)
f0001378_22240437.jpg
次回は、これです! 今からこの美少女に会えるのが楽しみです(*´꒳`*)

[PR]
by gogolotta | 2018-07-01 22:00 | 美術・音楽 | Comments(0)

文化の日に、徳川美術館へ。

昨日、文化の日にふさわしく(笑)徳川美術館に行ってきました。
「天璋院篤姫と皇女和宮 秋季特別展」が終わりかけなので、滑り込みセーフ。
衣装や香箱などがあって、興味深かったです。
大河ドラマにハマってたので、篤姫のイメージは宮崎あおいちゃん(笑)

f0001378_10355240.jpg
徳川園の無料開放日だったので、ラッキーでした。
紅葉にはまだまだ早かったのが残念。
f0001378_10364583.jpg
大曽根の滝。
マイナスイオン全開( ̄▽ ̄)
f0001378_10371857.jpg
この水琴窟は音が本当に綺麗で、良く聴こえました。癒される音色。
f0001378_10380558.jpg
栄に戻って、アフタヌーンティーで遅めのランチ。アサリとホタテのクリーミーパスタ。
f0001378_10385379.jpg
オレンジとアールグレイのショートケーキ。
こないだ、誕生日だったし♡(๑˃̵ᴗ˂̵)
食べ終わったら、おやつの時間でしたね(笑)

f0001378_10395119.jpg

夜は、名駅のスパニッシュバルで。
お昼を調整して、次回はパエリア食べたいですっ!

f0001378_10404846.jpg
海老のアヒージョで、延々とパンが進む…。危険…。
f0001378_10412328.jpg
カタラーナと洋梨のタルト。
カラメルがめっちゃパリパリでした。
楽しい休日になりました〜♬

[PR]
by gogolotta | 2017-11-04 10:32 | 美術・音楽 | Comments(0)

映画に行くはずが・・・

神戸で降りたものの、なぜか三宮に引き返してお買い物。
世の中はバーゲンの季節でごった返してますが、私のお目当てのバーゲンは服やバッグなどではありません。

コアーズやクリスティーナ・ミリアンを持って散々迷った挙句、買ったのはこの3枚!
年中やっていただきたい、HMVの安売り。
久々に行ったので、目移りして困りましたよ。

今月は節約せなあかんので、上階のジュンク堂には、目ぇつけて帰ってきました(涙)

f0001378_23365499.jpg

[PR]
by gogolotta | 2007-07-01 23:33 | 美術・音楽 | Comments(5)

ダ・ヴィンチとコルベール

この週末は、ちょっとばかり遠出をしておりました。
実はほとんど誰にも内緒で・・・というより「思い立ったら即行動」とばかりに、ものすごいバタバタで計画(^-^;
目的がちゃんと2つあったんですが、どっちも果たせて大満足でした!

まず一つめ。

東京国立博物館で行われている「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」で、『受胎告知』をみること!
上野なんて、高校の修学旅行以来です。
行ってみたらば、炎天下で30分待ち(>_<)
でも待った甲斐がありました。よかったですよ~!!
絵画はこの一枚だけ。第一会場というものの、この絵一枚だけの展示スペース。
もうちょっとゆっくり見たかったな~。
第二会場は、ダ・ヴィンチの生涯や発明したいろいろな装置、所有していた書物などが展示してありました。
映像も流れてたんですが、『受胎告知』は右斜め横から観るものと説明。
・・・それは早く言って下さい(-_-;
ダ・ヴィンチはただの画家でなく、科学者だったり軍事技師だったりした人で、絵の描き方や捉え方も変わってます。
謎の多い、いろんな才能を持った天才の頭の中を、ちょっとだけ覗いた気分になりました。

f0001378_21591738.jpg

なんの写真もないので、上野公園の噴水です。
暑かったので、これに飛び込みたかったな~(笑)


もうひとつの目的が、写真家グレゴリー・コルベールの『Ashes and Snow』です。
会場は、お台場のノマディック美術館。「遊牧」という名前のここは、移動式の美術館なんですって。

f0001378_2159341.jpg


彼の写真を初めて見た時は、かなりの衝撃を受けました。
これが合成でも修正したんでもなく、そのままのかたちだなんて。
人間と一緒に写ってる動物は、とても人間に懐くとは思えない野生動物もいます。
どうやって撮ったの~・・・。ほんとに不思議。
和紙に刷られたセピア色の写真は、なんのキャプションもなく飾ってあるので、見て感じるものは人それぞれ。
「動物と人間の共存」とはよく使い古された言葉ですが、仲良くするとか理解しあうとかじゃなくて、「ただそこに、共にあること」なんだなと思いました。
どちらかといえば動物の方が、人間をリードするような感覚で、これが自然の摂理だと感じます。絵画にも見える、詩的な写真。
映像も3箇所ほどあったんですが、2箇所目が長くて立ち見してたらクラクラしてきました。
空調も効いてないので、酸欠になりそうでした(T_T)
最初から観たかったのに、とてもそんな体力など残っておらずちょっと残念でした・・・。
でもとっても感動しました!
チンパンジーと女性のシーンは、なんか官能的だったな。

f0001378_21595368.jpg

これを見たら「お台場だ~」と実感。
海辺を散歩してたら、日焼けして、赤くなるは火ぶくれするわ、痒くて眠れません~!

f0001378_222230.jpg

最近食が細くなってしまったので、このオムライスも全部食べられませんでした(爆)

f0001378_2202569.jpg

出発前の羽田。夕方の飛行機って、見てたら寂しくなってきました。

かなりタイトなスケジュールになってしまって、会える人も限られたので内緒にしてました~(^-^;
ごめんなさいっ!
[PR]
by gogolotta | 2007-06-04 21:55 | 美術・音楽 | Comments(11)

エリザベート

f0001378_14471657.jpg楽しみにしてた、『エリザベート』を観に行ってきました!!
1996年の初演以来、9カ国で愛されてるミュージカル。
その年のクリスマス前にウィーンで観て以来はまってしまった、大好きな舞台。

そのオリジナルがウィーンから丸ごと大阪にやってきましたよ!!\(≧▽≦)/☆
東京では形式が違うらしく、舞台は大阪でしか観られません。
こっちに住んでたことを、こんなに嬉しく思ったことはありません(感無量)


神様、ありがとう!!!!

ストーリーも音楽も、聴きこんで頭に入ってるんですが、11年前とはちょっと変わったかな?
2曲覚えのない歌もあったんだけど。
トート役は変わってたし。ルドルフの方がかっこよかったけど(笑)
それでも、タイトルロールは初演から変わらないというから、すごい!!
ついDVD買ってしまいました(^-^;
ついでに新作のCDも。・・・字幕・翻訳なしのドイツ語バージョンだけどいいの・・・。

f0001378_14503349.jpgやっぱりいいな~♪
あの大きな橋の装置を本当に持ってきたとは・・・。
日本公演にちなんで、ルキーニが一部を日本語で歌うサービスがあったり。
ひとりで、思いっきり楽しんできました(笑)
キャストをメモってる人までましたが、CDを言葉も分からないのにオランダ版、ドイツ版、ライブ版、オリジナル版・・・と持ってる私もマニアだな~(-_-;
[PR]
by gogolotta | 2007-04-18 14:31 | 美術・音楽 | Comments(2)

ミュージカル「マリー・アントワネット」

f0001378_2253735.jpg「エリザベート」「モーツァルト!」に続いて待望のウィーン・ミュージカルが、なんと世界初演を日本で迎えました!
その大ヒットメーカー、作家のミヒャエル・クンツェと作曲家シルヴェスター・リーヴァイのコンビが遠藤周作の原作を元に作り上げた、「マリー・アントワネット」を観に行ってきました。
やるな、東宝。自分達のために、彼らに作らせるとは(笑)

なんといっても、4月の「エリザベート・オリジナル版」を観に行くためにお金を使ってしまったので、3階の一番安い席(^-^;
オペラグラスを忘れてしまったので、役者の表情なんて全然分からなかったけど、仕事を早退した甲斐ありましたよ!(笑)


この2人の作るミュージカルは、ほとんどセリフがなく、音楽で構成されてるので、どこを切っても歌が楽しめます。
主役のマリー・アントワネット役(涼風真世)もさることながら、陰の主人公マルグリット・アルノー(笹本玲奈)が抜群にうまかった!!
完全に大御所の主役を食ってましたね~。
この役はダブルキャストなんですが、私ともう一人の子は同じ出身地なんだそうで・・・。
はっきりいってそんなに期待はしてなかったんですが、想像以上に面白かったです。
王妃の愛人フェルゼン役のよっすぃ~こと井上芳雄。
さすがにかっこよかったな~。
「ベルばら」では陰の薄いフェルゼンも、オスカル様がいないとかっこよかったのね(爆)
「エリザベート」のルドルフ役で目をつけてたんですが、貫禄でてきました。
2つのミュージカル日本版に出てるよっすぃ~と、インチキ役の似合う山口祐一郎。
うまいな~、さすがだな~。なんであんなに妙なコスプレが似合うんだ、山口祐一郎!

そいでもって他にもよーくキャストを見てたら、東宝版「エリザベート」でおなじみの面々がいました。
オルレアン候(高嶋政宏)にルイ16世(石川 禅)。
ただうまいなと感心してたアニエスが、土居裕子って・・・当たり前だっつーの(-_-;
「マドモワゼル・モーツァルト」にも出てた音楽座のかつての主演女優。
有名なミュージカル女優なんだから、そりゃうまいはず。
彼女が遠藤周作の持つ「神と愛」を見事に体現してました。
遠藤作品は、「海と毒薬」や「沈黙」しか読んだことはありませんが、根底に流れるのは神の存在と人間愛でした。
貧しき敬虔な者を、果たして神は救ってくれるのか。
そこに本当に希望はあるのか。
信仰を捨て、自力で自由を勝ち取るしかないのか。
果たして、その結果は本当に正しい道なのか・・・。
テーマは重いです。ラストもずっしりと訴えかけてきました。

リーヴァイの音楽は、ノリやすくてはまりやすいので、今回もどっぷり浸かってしまいましたよ。
公式ページに動画があったので、また聴いてしまいます(爆)
どうやら原語は、ドイツ語でなく英語らしい。
歴史的に見ても、実は家系図で繋がっているマリー・アントワネットとエリザベート。
これは4月が楽しみだ♪
[PR]
by gogolotta | 2007-02-10 22:49 | 美術・音楽 | Comments(2)

大阪ブルーノート

初めてのブルーノート
とってもよかったですよ~♪
場違いな感じがして、かなりドキドキでした(^-^;
結構入り組んだシステムのようでした。慣れてないと分かんないと思います。
雰囲気も落ち着いてるし、フードやドリンクも洒落てます。値段もちょっとその分弾みます。
素敵な大人の世界を覗いた気分です。
・・・私はまだまだお子様だわ(爆)

今日聴いたのは、ソフィー・ミルマンという日本デビューしたてのシンガーでした。
私と同じくらい(笑)小柄で可愛らしい女性が、声はもちろんジャズヴォーカルの大人な美声。
いい声でしたよ~。
ロシア生まれのカナダ人でイスラエルに住んだ事もあるらしく、ロシア語の歌も歌ったし、シャンソンも雰囲気ありました。
ジャズも初めてまともに聴きましたが、うっとりでした!

いや~、楽しかったです!!

f0001378_22472118.jpg

[PR]
by gogolotta | 2006-12-18 22:27 | 美術・音楽 | Comments(6)

ミュージカル熱、再び

ネットを検索してたら、観たいミュージカル目白押しでびっくり!

『マリー・アントワネット』も音楽・脚本ともに『エリザベート』と一緒で期待大! 
やっと来年、梅田でやる~♪

『エリザベート』も本場ウィーン版キャストが来日公演を12月に!!
・・・でも、大阪って平日ばっかしやん・・・ちっ!(-_-;
東宝版も観たけど、やっぱり本場の原語で歌う感動は忘れられません。
来年3月からの初公演が、もうそりゃあ楽しみで!

残るは『ダンス・オブ・ヴァンパイア』なんだけど、早く大阪にもこないかな~。
『レ・ミゼラブル』もこないしな~・・・。
これ、結局一度も観たことない!

こういうときだけは、東京って羨ましい(笑)
これら、全部無事にチケット取れたら、レースは控えます(^-^;

f0001378_12313377.jpg

[PR]
by gogolotta | 2006-09-17 12:18 | 美術・音楽 | Comments(0)

That's 沖縄 ライヴ !

沖縄のミュージシャン、ローリークックさんのライヴに行ってきました。
おととしの京都でのに次いで、これで二度目。
某Tにぃにぃにお誘いを受けました♪

f0001378_2358222.jpg場所は梅田の隣、中崎町。
まずは腹ごしらえをしてから向かったんだけど、場所がcafeなので、旨そうなごはんがあったんだ~!!(>_<) しかもリーズナブル(笑)
そんなとこに目をつける、食いしん坊ないつもの乙女達。

ローリーの歌は、心なしか前回より押さえた感じ。
でもそこがまたいいのよ~!
知ってる曲もあったし、ユーミンやサザンも歌ってくれました。
いや~、沖縄行きたい!!
Tにぃにぃともちょっとしか話せなくて、残念・・・。
「沖縄の時より(去年の2月)ちょっとふっくらした?」
ってバレバレですがな。
韓国から帰って、2キロ増えてたもん・・・。やばっ。
「Lottaちゃんから食い気を取ったら、何にも残らないもんね」
ごもっとも(爆)

にぃにぃ、どうもありがとうね!(^-^)
宣言したとおり、1ヶ月で2キロ落すから(笑)
[PR]
by gogolotta | 2006-09-07 23:58 | 美術・音楽 | Comments(8)

つれづれに日々のことなど。たま~にですが。


by gogolotta
プロフィールを見る